2018年 7月 19日 (木)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
セントラルパークの自動車修理工(上)

印刷

   「日本はアメリカの植民地ではない。立派な独立国だ。北朝鮮は日本の隣国なのだから、アメリカに頼っていないで、自分たちで北朝鮮を何とかするべきじゃないのかい?」

   2017年7月4日、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM=Intercontinental ballistic missile)の発射に成功したと報じられ、先日、ニューヨークのセントラルパークで出会った白人男性(38)との会話を思い出した。

  • ニューヨークのセントラルパーク
    ニューヨークのセントラルパーク

「反トランプ派がいるように、日本には反安倍派がいる」

   気持ちのよい日だったので、セントラルパークでピクニックテーブルに座り、パソコンで原稿を打っていた。アメリカではこういう場で、他人と相席になるのは珍しくない。

   同じテーブルでバックギャモンを楽しむ若いカップルと世間話をしていると、その男性が話に加わってきた。彼は5cmほどの短い鉛筆を使い、小さな文字で黙々と、ミズーリ州セントルイスに住む家族に手紙を書いていた。

   「鉛筆で手紙を書くなんて、今時、珍しいわね」と私が言うと、男性が答えた。

「17年前にeメールを使うのをやめたんだ。米国家安全保障局が個人のメールを密かに調べている、というのをニューヨークタイムズで読んで、怖くなったからだよ」

   男性は一般のアメリカ人に比べると、日本についても知識があった。

   自分のフルネームを教えてくれたが、「名前を明かさないほうが、自由にものが言える」と断わり、落ち着きのある静かな口調で、丁寧に淡々と話し始めた。

「自分の国は自分で守る。国として当然のことだ。国家が、何より最初に必要なのは国防省だ。日本は先進工業国で、ロボット工学、物理学、数学、医学も優れている。原爆だって作れるはずだ。アメリカの助けを借りなくとも、韓国と日本で北朝鮮に対処できるだろう」
「軍隊を持つには、憲法を改正しなければならないわ」

そう私が言うまでもなく、彼は続けた。

   「安倍首相は改正したいが、国民の反対は大きい。アメリカに反トランプ派がいるように、日本には反安倍派がいる。日本は平和主義などといわれているが、ダグラス・マッカーサーの下で作られた憲法に縛られているだけだろう。あれは、(満州事変が始まった)1931年から1945年までに日本がしてきた軍事行為を考慮し、作られたものだ。1947年には共産主義の中国も、北朝鮮も存在していなかった」

   日本国憲法が1947年に施行されたことを、彼は知っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中