2019年 1月 18日 (金)

GACKT、テキーラ「一気飲み」動画に心配の声 本人「やめてとかいうのやめてくれ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   シンガーソングライターのGACKTさんが、テキーラのボトルを豪快に飲み干す様子を収めた動画をインスタグラムに投稿し、「死んじゃう」「身体大事にしてください」という声がコメント欄に寄せられている。

   GACKTさんは、44歳の誕生日を迎えたばかり。誕生祝いの会でこうしてテキーラを飲むのが、「テキーラ祭り」として恒例になっているという。

  • GACKTさん(2015年9月撮影)
    GACKTさん(2015年9月撮影)
  • テキーラを飲んでいるGACKTさん(本人のインスタグラムから)
    テキーラを飲んでいるGACKTさん(本人のインスタグラムから)

GACKT「やめてとかいうのはやめてくれ」

   GACKTさんは2017年7月4日、44歳の誕生日を迎えて、インスタグラムで「たくさんの素敵なメッセージを頂きました。みんなありがとな」とファンに感謝すると同時に、「今夜は地獄のテキーラ祭り」のハッシュタグで「テキーラ祭り」の開催を宣言した。

   翌日には、1枚の自撮り写真とともに「地獄のテキーラ祭りから帰ってきた今日の朝の酔っ払いのボク。。。」と投稿し、ハッシュタグで

「テキーラ祭り」
「何本空けたのだろ」
「死ななくてよかった」
「救急車は二台」

と報告した。

   「テキーラ祭り」が明らかになったのは、13日のインスタグラムで公開された1分弱の動画だ。GACKTさんは動画で、誕生会の参加者から「ガクト」コールを浴びる中、時折小休止を挟みながらも、約40秒でテキーラのボトルを豪快に飲み干している。

「生誕テキーラ祭の締め。良い子は絶対に真似すんな。テキーラで死ぬぞ!!!こんなのはバカがすることだ...。っつーか、バカなんだなぁ、いくつになっても。はい、頑張ります。大人になれるように」

   GACKTさんはこう投稿し、「真似すんな」「死ぬぞ」「大バカ」「ラスボスモード」「tequila」「一気飲み」「危険」「みんなありがと」「絶対にするなよ」「フリじゃねーぞ」「猛烈に反省」とのハッシュタグを添えた。

   寄せられたコメントでは、「すごすぎます!!」「がっくんすごーい!」「飲み方がセクシー!」と称賛する声も上がったが、その大半は「死んじゃう」「無理して飲んでる印象を受けました。心配です」「身体大事にしてください」と気遣う声だった。

   GACKTさんは投稿後しばらくして、

「やめてとかいうのはやめてくれ。十分反省してるから。アホですまん」

とコメント欄に投稿していた。

「毎年暴れすぎてどの会場も必ず出禁に」

   GACKTさんが7月5日に更新したブログ「地獄の生誕テキーラ祭り」によると、「テキーラ祭り」は毎年の恒例行事となっているようだ。

   ブログでは、

「何が一年の中で一番恐ろしいことか・・・、この後の夜通し行われる地獄の生誕テキーラ祭りだ。今回は六本木で行われることになったが、毎年暴れすぎてどの会場も必ず出禁になってしまうわけだ」

   「祭り」が何時頃に終了したかすら覚えておらず、「一番記憶に残っていることは今年は例年より遥かにペースが速かったということのみ」だという。

   「本当に大丈夫か?」と心配する参加者もいたそうだが、「心配してもどうにもならない。すでにボク自身もおかしな飲み方を散々している」とし、

「去年のパーティーではかなりの数の仲間が病院に運ばれることとなった。今年は、酒が飲めない人は来ないでくれと先に通知をして、飲める人間だけが集まることになったせいか、例年より余計に潰れる連中のペースが早い」

と明かしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中