2018年 9月 24日 (月)

南極で巨大氷山が誕生 三重県とほぼ同じ面積

印刷

   南極大陸の南極半島東岸で、棚氷「ラーセンC」の一部が割れ、過去最大級の氷山が誕生した。英スウォンジー大や英南極調査所(BAS)などの研究プロジェクト「MIDAS」のチームが2017年7月12日、公式サイトで発表した。この氷山の面積は約5800平方キロで、三重県とほぼ同じ。重さは約1兆トンと推定される。

   チームの発表内容によると、氷の厚さは200~600メートル。長さ200キロ以上の亀裂が、これまでに観測されていた。10~12日の間に分離したとみられ、その面積は「ラーセンC」の約12%を占めるという。

   ただちに海面が上昇する恐れはないといい、地球温暖化と関係があるかどうかは分からないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中