砂川啓介さん死去80歳 初代「たいそうのおにいさん」、大山のぶ代さんの夫

印刷

   初代の「たいそうのおにいさん」として親しまれ、司会役などでも活躍したタレントの砂川啓介(さがわ・けいすけ=本名・山下啓一)さんが2017年7月11日、死去した。80歳だった。砂川さんは尿管がんのため病気療養中だった。所属事務所が18日、報道各社へのファクスで発表した。

   「ドラえもん」の声役で知られた声優の大山のぶ代さんの夫。大山さんがアルツハイマー型認知症になっていることを2015年に公表し、話題になった。

  • 2017年7月11日に亡くなった砂川啓介さん
    2017年7月11日に亡くなった砂川啓介さん

「お昼のワイドショー」司会も

   1937年、東京生まれ。高校在学中から映画に出演。卒業後、本格的にモダンダンスを習う。61年、NHKの幼児向け番組「うたのえほん」で、初代「たいそうのおにいさん」に抜擢され、子供や母親たちの間で大人気になった。同じころ、NHKの人形劇「ブーフーウー」のブー役で注目されていた大山さんと、ミュージカル共演などをきっかけに親しくなり、64年に結婚した。

   「うたのえほん」は、一時は視聴率が40パーセントを超えたお化け番組。砂川さんは8年余り「たいそうのおにいさん」を務めた。「初代」ということもあって、「たいそうのおにいさん」といえば砂川さん、のイメージが定着していた。

   その後は俳優業のほか、TBSラジオ「砂川啓介の耳コミランチタイム」で番組パーソナリティー、「お昼のワイドショー」(日本テレビ系列)や、早朝の情報番組「砂川啓介 いま!朝です」(TBS系列)などで司会を務め、主にラジオやテレビで活躍した。

「絶対にカミさんより先に死なない」

   「おしどり夫婦」で知られた。料理通の大山さんとの共著『啓介・のぶ代のおもしろ酒肴』(主婦の友社)は、ベストセラーになった。2001年には、『カミさんはドラえもん』(双葉社)を出版、大山さんのがん闘病を明かした。

   08年には大山さんが脳梗塞になり、さらに12年には医者からアルツハイマー型認知症と診断されて介護で苦労した。13年には自身も胃がん手術。15年になって親友の毒蝮三太夫さんのアドバイスもあり、大山さんの認知症を公表した。病状を赤裸々に記した『娘になった妻、のぶ代へ』(双葉社)も出版した。大山さんは昔の状態には戻らず、自分が「ドラえもん」だったことも覚えてないかもしれないと書いていた。

   近年は「老老介護」などで講演活動もしていた。大山さんは身寄りがないので、「絶対にカミさんより先に死なない」ということを肝に銘じていたが、100%の自信がないので、終活準備をしているとも。16年の講演では、自身が新たに尿管がんになり、大山さんは施設に入所したと明かしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中