巨人・山口俊投手が飲酒トラブルか 球団が調査中、当面登板自粛

印刷

   プロ野球・読売ジャイアンツの山口俊選手(30)が、登板予定だった2017年7月18日(中日ドラゴンズ戦)の先発を回避し、代わりに高木勇人選手が先発を務める。

   複数メディアの報道によると、山口選手は7月11日、都内の飲食店で友人と飲酒し、酔った状態で右手甲を負傷した。その後都内の病院に向かったものの、扉を破壊したり、男性警備員を負傷させたりするなどのトラブルを起こした疑いがもたれている。球団では事実関係を調査中で、山口選手の起用は当面の間自粛するとしている。

   山口選手は昨季、横浜DeNAベイスターズの選手会長としてチームをけん引。チームトップの11勝を挙げ、先発の柱として活躍した。

   2016年オフには、涙ながらに国内フリーエージェント(FA)権の行使を宣言。FA解禁日となる11月11日に巨人と交渉に臨み、それから約3週間後の30日に、3年総額7億円の大型契約を巨人と結んだ。

   今季は右肩痛の影響で出遅れ、6月14日の福岡ソフトバンクホークス戦で初登板。7月18日現在で4試合に先発し、1勝1敗、防御率6.43。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中