上西議員「ドルトムントのファンです」 その時、加藤浩次は猛烈に...

印刷

   浦和レッズがボルシア・ドルトムント(ドイツ)に2対3で敗れた親善試合について、上西小百合衆院議員(34)が「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」などと投じたツイートが物議を醸している。

   上西氏のツイッターには非難が殺到。芸能人の中でサッカー好きで知られる加藤浩次さんも、MCを務める情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)で「誰も遊んでないですよ」と猛反論した。

  • 上西小百合衆院議員が浦和対ドルトムントの試合に言及(写真は2017年3月撮影)
    上西小百合衆院議員が浦和対ドルトムントの試合に言及(写真は2017年3月撮影)

「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」

   浦和とドルトムントの親善試合は2017年7月15日に埼玉スタジアムで行われた。ドルトムントは今季ドイツ・ブンデスリーガで3位、欧州最強クラブを決めるUEFAチャンピオンズリーグではベスト8に進出するなどの実績を残した強豪クラブ。日本代表の香川真司選手が所属していることでも知られる。

   そのクラブを相手に浦和は前半24分に興梠慎三選手が先制点をあげるも、後半31分、34分に失点して逆転を許す。後半40分には遠藤航選手が同点弾を奪ったが、試合終了間際の後半43分にドルトムントが勝ち越し点を奪い、浦和は2対3で惜敗した。

   この結果に、上西氏が試合終了直後「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイートしたところ、他のユーザーから非難が殺到。リプライ(返信)は18日昼までに1400件超、リツイートも4500件超にのぼった。特に「遊び」という表現に対して「選手たちは一生懸命戦っていたぞ」「プロの試合をする以上遊びなんて文字はない」などのリプライが続々と押し寄せている。

   上西氏はこの発言で終わらず、翌日16日朝には自身の上記ツイートを引用しながら「なんかブーブー言ってる。リツイートの数は大した事ないけど、コメントは結構多い」と挑発的な言葉を投げかけると、「選手は全力で闘ってるのにサポーターでもないし応援もしない、否定することしか出来ねえのか」「全国のサッカーサポーターに敵を回した」などサッカーファンから怒りのリプライがまたも続出した。

   それでも上西氏は止まらず、同日中に「私にとってサッカー観戦は遊びですから」と投稿。さらに「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」と挑発的にツイートし、リプライが4800件超つくなどユーザーとの間で応酬が続いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中