「1日45分しか寝ない」男性が主宰 ショートスリーパー「育成」講座に参加してみた

印刷

   あなたは、1日「何時間」寝ているだろうか。短い人なら4、5時間、ゆったり眠れる人なら8、9時間といったところかと思う。

   だが、世の中には1日に、ナポレオンばりの3時間どころか、「45分」しか寝ないという人がいるという。しかもその人物はセミナーを開いて、「短眠」の方法を教えているというのだ。本当にそんなことは可能だろうか。J-CASTニュース記者はその講座に、実際に参加してみることにした。

  • 社団法人日本ショートスリーパー育成協会理事長の堀大輔氏
    社団法人日本ショートスリーパー育成協会理事長の堀大輔氏

「ショートスリーパーになりたい」人たち

   7月、東京・渋谷駅前の雑居ビル。平日の昼過ぎにもかかわらず、会場のオフィスの一室には、10人弱の参加者たちが集まっていた。

   この日の講座は、本格的なセミナーを受講する前の「説明会」という位置づけだ。受講料は3000円(税別)。顔ぶれを見ると、比較的若い男性がいるかと思えば、髪の毛が真っ白の高齢者も。職業もエンジニア、営業マン、自営業などさまざまだ。だがここに来た目的は、「ショートスリーパーになりたい」の一点に尽きる。

   「仕事を増やしたい」「趣味の時間がほしい」「年なので、生きている間に少しでも長く起きていたい」――。

   講座はまず、若い女性講師が「前座」として、短眠のメリット、そしてセミナーの主宰者の「凄さ」をとうとうと語る。「テレビやネットに載っている情報は正確でない」「睡眠がどれだけ体に悪いかを知ってください」――およそ1時間弱、ようやく、今日の主役である、「社団法人日本ショートスリーパー育成協会」理事長・堀大輔氏(33)が登場した。

   「ほとんど寝ていない」というから、仙人のようにげっそり痩せていたり、目の下にクマがあったり――そんなイメージを勝手に持っていたが、そんなことはなく、関西弁を喋る、ビジネスマン然とした人物だ。2016年には、著書『できる人は超短眠!』(フォレスト出版)も刊行している。

「僕、ショートスリーパーになってから『負けた』ことないですから」

   自信あり気に語る堀氏の言葉に、ある参加者はしきりにうなずきながらメモを取り、別の参加者はどうも腑に落ちない、という表情で腕を組む。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中