2018年 11月 17日 (土)

「救世主」雪山の完投で早実ベスト4 清宮107号お預け

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   第99回全国高校野球選手権の西東京大会は2017年7月25日、清宮幸太郎内野手(3年)擁する早稲田実業と日本学園の準々決勝が行われた。

   清宮の歴代1位タイに並ぶ高校通算107号本塁打はならなかったが、早実は5-1で勝利。甲子園出場へ投手力が課題とされた早実だが、先発の雪山幹太投手(2年)が完投した。2試合続けて獅子奮迅の活躍をみせた雪山投手が「救世主」となりつつある。

  • 清宮幸太郎擁する早実が西東京大会で準決勝進出(Wikimedia Commonsより。作者:「江戸村のとくぞう」さん)
    清宮幸太郎擁する早実が西東京大会で準決勝進出(Wikimedia Commonsより。作者:「江戸村のとくぞう」さん)

6安打1失点の好投

   注目の清宮の打席は、四球、四球、左二塁打、一ゴロの2打数1安打。今大会ここまで3戦連続で本塁打を放っていたが、この試合は本塁打なしに終わった。2012年に打ち立てられた歴代1位とされる山本大貴(神港学園)の107本に並ぶ通算本塁打記録はお預けとなった。

   清宮を中心とした攻撃力が注目される早実は、守備面では投手陣が大きな課題と指摘されてきたが、新エース・雪山が6安打1失点完投と好投した。21日の5回戦・法政戦での5安打完封に続いて安定感を見せ、投手陣に光明をもたらしている。ツイッター上ではその投球に期待する声とともに、「他がいない」と不安視する向きもある。

「投手陣ボロボロ軍団から見違えたね、雪山くんが思ったより良い」
「あんなボコボコだった投手陣をほんの1、2ヶ月で整備してきた早実の首脳陣はすごいな。いや雪山しか投げてないやないか」
「早稲田実業、野手陣に不安が残るものの雪山が好投して勝利。しかし残り2試合、雪山だけで勝てるものか...。やはり援護は必要になっていくな」

   早実の準決勝は明治神宮球場で28日に行われ、八王子と明大中野八王子の勝者と対戦する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中