岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 米軍からトランスジェンダーを排除する理由

印刷

    同じ日に知人に立て続けに会うと、どちらとも開口一番、その朝、トランプ大統領がつぶやいたツイートについて話し始めた。

   二人ともリベラルなニューヨークに住んでいるものの、政治的スタンスや思想は、正反対だ。

  • NYマンハッタンのゲイコミュニティとして知られる一角に掲げられたLGBTを象徴するレインボーフラッグ
    NYマンハッタンのゲイコミュニティとして知られる一角に掲げられたLGBTを象徴するレインボーフラッグ

選挙中は「LGBTのために戦う」

   トランプ大統領は2017年7月26日、3回にまたがるツイートで、「将官や軍事専門家と相談した結果、トランスジェンダーの人たちが、いかなる形でも米軍の職に就くことを認めない」とつぶやいた。

   トランスジェンダーは、生まれた時の体と心の性が一致しない人たちだ。

   大統領はその理由について、「米軍は圧倒的な勝利を収めることに集中すべきだ。トランスジェンダーの人たちがもたらす膨大な医療費や混乱が、負担になってはならない」と強調している。

   オバマ前政権は16年、「世界で最も優れた戦闘部隊を維持するには、役立つすべての人材が必要である」とし、トランスジェンダーの米軍への入隊を禁じる規則を撤廃すると表明したばかりだった。

   シンクタンク「ランド研究所」によると、米軍で常時任務にある約130万人のうち、トランスジェンダーは1,320人から6,630人という。

   知人のジョン(60代男性)はゲイ(同性愛者)で、長年連れ添ったパートナーとともに養子の息子を育て上げた。

   トランプ大統領を「まぬけ(moron)」で「うそつき(liar)」だと酷評してきたジョンは、投げやりになっている感じだ。

「今回のツイートが本気なのかどうか。トランプの言うことはコロコロ変わるから、もうまったくわからないよ。僕たちのようなLGBT(性的マイノリティー)のために闘うと、選挙運動中は言っていたじゃないか」

   このあと、たまたま訪ねた別の知人(60代男性)は、保守的なキリスト教徒で、トランプ支持者。息子は元海兵隊員だ。

   「今もトランプ氏が、ツイートで個人や団体を攻撃し続けていることに、だんだんうんざりしてきた」と話しながらも、「今朝のツイートには僕も賛成だ」と言い切る。

「軍隊は戦いの場で、社交の場ではない。リベラルのプロパガンダに洗脳される必要はないだろ? 男性の体を持つ女性兵士と一緒にシャワーを浴びるのは、大多数の女性兵士に気の毒じゃないか。しかも、性別適合(性転換)手術やホルモン投与の費用を、僕の税金で払ってほしくはない。
国のために戦う権利を、誰にでも平等に与えるべきだ、と擁護派は言うけれど、体格や体力の厳しい検査に合格しなければ入隊はできない。だから、もともと平等じゃないんだよ。それより米軍には、北朝鮮のような差し迫った懸案事項があるんだ。僕が日本人に住んでいたら、北朝鮮の脅しが恐ろしくてたまらないだろう」

ロシア疑惑から国民の目をそらす?

    トランスジェンダーにかかる費用は、国防予算全体からみれば誤差の範囲で、「軍人の勃起不全のために、国防総省がバイアグラに使う額よりずっと少ない」と擁護派は訴える。

   軍隊にトランスジェンダーを受け入れているのは、世界で18か国。米軍の調査によれば、それによる悪影響はとくに報告されていないという。シャワールームにカーテンを付けるなど、必要に応じて対策が取られている。

   保守派キリスト教徒らのなかには、同性愛やトランスジェンダーは「罪」であり、神の許しを乞うべきだと信じる人も多い。これは「精神疾患(mental disorder)」であり、「治療すべきもの」だと主張する専門家も珍しくない。トランスジェンダーの人たちの自殺率の高さを挙げ、「兵器を持たせるのは危険だ」と指摘する声もある。

   これに対して擁護派は、「自殺率の高さは、家族や社会にアイデンティティを拒絶され、差別やいじめ、ハラスメントなどに苦しんだことに起因している」と主張する。

   トランプ大統領がツイートした夜、ニューヨークではタイムズスクエアに数百人が集まり、デモが行われた。

   「Trans Rights Are Human Rights(トランスジェンダーの権利は人権だ)」、「RESIST(抗議せよ)」などと書かれたプラカードを掲げ、反対の声を上げた。

   トランスジェンダーの元軍人も駆けつけ、「私はこの国を愛しています」と訴えた。

   「戦場で戦った経験のないトランプ氏に、国に命を捧げる意味がわかるはずがない」という声も聞かれた。

   「トランプ大統領の今回の唐突なツイートは、ロシア疑惑などから国民の目をそらすためか」との憶測も飛び交う。

   時代の流れに逆行するかに見えるトランプ大統領の発言に、アメリカの分裂が再び浮き彫りになった。

   (随時掲載)


++ 岡田光世プロフィール
岡田光世(おかだ みつよ) 作家・エッセイスト
東京都出身。青山学院大卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。日本の大手新聞社のアメリカ現地紙記者を経て、日本と米国を行き来しながら、米国市民の日常と哀歓を描いている。文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは2007年の第1弾から累計35万部を超え、2016年12月にシリーズ第7弾となる「ニューヨークの魔法の約束」を出版した。著書はほかに「アメリカの 家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(ともに岩波新書)などがある。


  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中