八王子スーパー店員射殺事件から22年

印刷

   東京都八王子市の「スーパーナンペイ大和田店」で、アルバイトの女子高校生ら3人が射殺された強盗殺人事件が、2017年7月30日で未解決のまま発生から22年を迎えた。警視庁の捜査幹部らは現場となったスーパーの跡地に献花し、犠牲者の冥福を祈った。

   同庁では有力な情報提供者に支払う懸賞金の期限を1年間延長。改めて情報提供を広く呼び掛けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中