2018年 11月 15日 (木)

横浜市長選 自公推薦の現職・林文子氏が3選

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   任期満了に伴う横浜市長選が2017年7月30日に投開票され、現職の林文子氏(71)が元衆院議員の長嶋一由氏(50)と元市議の伊藤大貴氏(39)の新人2人を破り3選を決めた。林氏は自民党と公明党の推薦を受け、59万8115票を獲得した。投票率は37.21%で、過去最低だった前回の29.05%を上回った。

   林氏は保育所待機児童の大幅減などをはじめとして2期8年の実績を強調し、幅広く支持を集めた。長嶋氏と伊藤氏が誘致に反対しており、焦点となっていたカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致の賛否を巡っては明言を避けていた。

   これまでの選挙で民進党は林氏を支持してきたが、伊藤氏を推すグループとの調整がつかず、自主投票としていた。今回の選挙で自民党は東京都議選、仙台市長選に続いた大型地方選での連敗を食い止めた。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中