2019年 1月 21日 (月)

横浜市長選 自公推薦の現職・林文子氏が3選

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   任期満了に伴う横浜市長選が2017年7月30日に投開票され、現職の林文子氏(71)が元衆院議員の長嶋一由氏(50)と元市議の伊藤大貴氏(39)の新人2人を破り3選を決めた。林氏は自民党と公明党の推薦を受け、59万8115票を獲得した。投票率は37.21%で、過去最低だった前回の29.05%を上回った。

   林氏は保育所待機児童の大幅減などをはじめとして2期8年の実績を強調し、幅広く支持を集めた。長嶋氏と伊藤氏が誘致に反対しており、焦点となっていたカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致の賛否を巡っては明言を避けていた。

   これまでの選挙で民進党は林氏を支持してきたが、伊藤氏を推すグループとの調整がつかず、自主投票としていた。今回の選挙で自民党は東京都議選、仙台市長選に続いた大型地方選での連敗を食い止めた。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中