なぜ国民ファーストじゃないの? 若狭氏の「日本ファ~」に「トランプの『アメリカファースト』と同じ」

印刷

   若狭勝衆院議員が2017年8月7日、国会内での会見で、政治団体「日本ファーストの会」を立ち上げたと発表した。今後は政治塾「輝照(きしょう)塾」を開催し、第1回の講師には小池百合子・東京都知事を招く。

   若狭氏は、16年の都知事選、17年の都議選で小池氏の「側近」と呼ばれるほど密に連携してきた。一方、新団体名が「都民ファーストの会」(都民ファ)から連想される「国民ファースト~」ではなく、「日本ファースト~」だったことには違和感を表明する人も出ている。

  • 記者会見を開いた若狭勝衆院議員
    記者会見を開いた若狭勝衆院議員
  • 「輝照塾」のホームページアドレスも発表した
    「輝照塾」のホームページアドレスも発表した

都民ファーストの会とは「別枠」

   若狭氏は会見で、「日本ファーストの会」は7月13日に設立したとし、自民党に代わる「受け皿」として、二大政党の一角をつくっていきたいと述べた。

   若狭氏は「しがらみ政治からの脱却」をかねてから主張している。会見でも「現在の国政は活性化されていない」とし、当選し続けることに注力する「当選回数至上主義」になりがちだと指摘。「国会議員は鳴かなくなったカナリアのようになっている」と批判的にたとえた。

   日本ファーストの会主催の「輝照塾」は9月16日から月1回開催予定。「『政治のプロ』に限らず、民間の幅広い人材が国政に関わっていくべき」との考えで、「参加者の資質を見極め、衆参議員選挙への立候補者を選んでいく」という。「年内の早い段階で」新たな国政政党を立ち上げる予定だと述べている。

   都知事選以来、小池氏との関係が深い若狭氏だが、小池氏が特別顧問をつとめる都民ファとの関係については「あくまで都民ファーストの会は名前のごとく都民第一。我々の政治塾は東京都ではなく国全体を考えるものであり、組織として別枠と考えている」とした。

「そりゃないだろ」「違和感ある」

   団体名に「ファースト」の言葉を使うことは小池氏の承諾を得ているとしたが、小池知事に「日本ファーストの会」立ち上げを伝えた時の反応を聞かれると、「『輝照塾』第1回講師に来ていただけることから推察していただければ結構です」と述べるにとどめた。

   これまでのところ、野田数(かずさ)代表をはじめ都民ファ幹部との関わりもないという。また、現時点で「日本ファーストの会」所属議員は若狭氏のみだとしている。

   若狭氏の会見は各メディアで報じられたが、小池氏が都議選後に「都民ファーストならぬ国民ファーストをベースに考える」と口にしていたのも手伝ってか、「国民~」でなく「日本~」と名づけたことに違和感を覚えたツイッターユーザーは少なくなかったようで、

「『都民ファーストの会』なのだから、『国民ファーストの会』にすべきだったのではなかろうか」
「そりゃないだろ、順序としては『国民ファーストの会』じゃないか」
「都民ファーストの次は日本ファーストか。国民より国か」
「なぜ国民ファーストにしなかったのか違和感ある」
「ずいぶんと国粋的な名前だな」
「トランプの『アメリカファースト』と同じ」

といった反応が相次いでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中