2019年 1月 16日 (水)

野球部出身者は「十中八九クソ野郎」? マツコ、メディア業界人に過激持論

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   マツコ・デラックスさん(44)が、2017年8月7日夕方放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、メディア業界の野球部出身者について「ほぼ十中八九クソ野郎ばっかり」と言い切った。

   司会のふかわりょうさん(42)は「いやいや、そんなことないですよ」とフォローを試み、野球部出身の同番組プロデューサーについて「おおらかじゃないですか」とも話したが、マツコさんは「むしろ、彼からは闇しか感じない」と切り捨てていた。

  • マツコさんの持論は本当か(2015年9月撮影)
    マツコさんの持論は本当か(2015年9月撮影)

「野球なんてやってても、あんな人間しか育たないんだな、っていう...」

   番組では、全国高校野球選手権大会に21年ぶりに出場する福岡代表の東筑高校の青野浩彦監督(57)のインタビュー記事(日刊ゲンダイ、8月8日付)を紹介。その中で青野監督が

「『野球(部)は人間力を育てるところ』なんて言うけど違う。悪さをしないために野球をやってるみたいな学校もあるでしょう。でも、野球に縛られたものが外れたら結局ダメになりますよ」
「素行が悪くても野球がうまいから、といって取るのはダメという話ですよね」

と持論を展開した。

   コメントを求められたマツコさんは、

「野球が人間力を育てる場所ではないということは、うちの大川(貴史)P(プロデューサー)を見ればよく分かるんですけど...」

と青野監督に同調。その上で、大川氏に限らず、野球は人間力を育てないと主張した。

「まあ、大川Pだけじゃなくてね、よく名門野球部出身の人が、この世界で結構いますけどね、テレビとか(広告)代理店とか。だいたい、ほぼ十中八九クソ野郎ばっかり。野球なんてやってても、あんな人間しか育たないんだな、っていう...」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中