2018年 10月 22日 (月)

日活ロマンポルノの「大御所」西村昭五郎監督、死去 87歳

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「日活ロマンポルノ」シリーズで多数の作品を手掛けた映画監督・西村昭五郎さんが2017年8月1日、肺炎のため死去した。87歳。日本映画監督協会の公式フェイスブックで8日、発表された。

   滋賀県出身、京都大学文学部卒業。日活に入社し、「競輪上人行状記」(1963年)で監督デビュー。71年、「日活ロマンポルノ」立ち上げに当たり、第1作となる「団地妻 昼下りの情事」を監督する。

   以来、職人肌の監督として、いわゆる「団地妻」ものをはじめ、「黒薔薇夫人」(78年)、「団鬼六・縄と肌」(79年)などでメガホンを取った。作品数は、ロマンポルノに参加した監督として最多の84本。テレビドラマにも多く携わっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...