2018年 8月 22日 (水)

日活ロマンポルノの「大御所」西村昭五郎監督、死去 87歳

印刷

   「日活ロマンポルノ」シリーズで多数の作品を手掛けた映画監督・西村昭五郎さんが2017年8月1日、肺炎のため死去した。87歳。日本映画監督協会の公式フェイスブックで8日、発表された。

   滋賀県出身、京都大学文学部卒業。日活に入社し、「競輪上人行状記」(1963年)で監督デビュー。71年、「日活ロマンポルノ」立ち上げに当たり、第1作となる「団地妻 昼下りの情事」を監督する。

   以来、職人肌の監督として、いわゆる「団地妻」ものをはじめ、「黒薔薇夫人」(78年)、「団鬼六・縄と肌」(79年)などでメガホンを取った。作品数は、ロマンポルノに参加した監督として最多の84本。テレビドラマにも多く携わっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック