お笑い小籔のドラム・テクが「半分プロ」 ゲス川谷「普通に凄い」

印刷

   お笑い芸人の小籔千豊さん(43)がドラム叩きをテレビ番組で披露し、そのスキルに驚嘆の声が上がっている。プロのミュージシャンもお墨付きを与えたほどだ。

   「このドラム、小籔さんが叩いてるんですか?」。お笑い芸人のくっきーさん(41)がこう驚いてみせる。

  • ツイッターでもバンドをPR
    ツイッターでもバンドをPR

BSスカパー!の番組でバンド結成を発表

   BSスカパー!で2017年7月31日夜に放送されたバラエティ番組「BAZOOKA!!!」でのことだ。

   この日の放送では、スタッフから番組の知名度を上げる緊急特別プロジェクトとして、「BAZOOKA!!!バンド」を結成する案が司会の小籔さんらに示す場面が流された。そのメンバー候補は、コピーバンドでドラムもやっている小籔さんのほか、ギターやベースができるくっきーさん、それに女性3人組ロックバンド「tricot」でボーカルなどを担当する中嶋イッキュウさんだ。

   小籔さんは、この提案に対し、「全然初心者ですけどね」と言いながらも、ほかの2人とともに了承した。続いて、スタッフからテレ朝系の人気番組「ミュージックステーション」に出演するというアイデアが出され、そのためにもヒットメーカーにプロデュースを依頼することになった。

   候補として、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(28)を小籔さんは挙げると、すぐに実現した。提案から1週間後、3人はレコード会社内で川谷さんと会い、川谷さんは、小籔さんがドラムをやっているのを知っていると明かす。小籔さんは、18年春にもミュージックステーションに出演したい意気込みを語った。

「めっちゃ、よかったです」

   その2週間後、小籔千豊さんとくっきーさんは、川谷絵音さんからスタジオに呼び出された。プロではない2人のスキルをチェックするためで、小籔さんの課題曲は、「ゲスの極み乙女。」の大ヒット曲として知られる「私以外私じゃないの」となった。小籔さんは、コピーバンドでこの曲をやっているという。

   スタジオに入った小籔さんがドラムを叩き始めると、川谷さんは、感嘆の声を上げた。

「全然叩けてますね。凄い! 普通に凄いです」

   川谷さんは、「難しいんですよ、ここ」と言いながらも、小籔さんがクリアすると、「うまい!」とうなるばかり。一部で音にズレもあったようだが、演奏を終えて、小籔さんが現れると、「めっちゃ、よかったです」とその腕前を讃えた。

   小籔さんが川谷さんの曲を叩いてその川谷さんから激賞されたことに、ツイッター上では「凄い」などと話題になった。「これ半分プロだろw」「上手すぎワロタ」などと書き込まれている。小籔さんは、主催している大阪の野外音楽フェス「コヤブソニック」で、ドラムの腕前を披露して話題になったことがあるが、プロからもほめられたことで再び脚光を浴びた形だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中