和田アキ子「死ぬかと思った」体験告白  のどから引っ張り出したものは...

印刷

   歌手でタレントの和田アキ子さん(67)が自身のインスタグラムで「死ぬかと思った」体験を告白し、ファンから反響が寄せられている。

   幸い大事には至らなかったようだが、「豪快」なイメージが強い大物歌手が命の危険を感じた体験とは...?

  • アッコが「死ぬかと思った」瞬間
    アッコが「死ぬかと思った」瞬間

ファンから安堵と心配の声

   和田さんは2017年8月15日、インスタグラムを更新し、

「イカのお刺身食べたら、誤嚥した、、、間違って気管に入ってしまった 苦しくて苦しくて死ぬかと思った」

と自身の体験を告白。最悪の場合、窒息死につながる可能性もある「誤嚥」だが、「何とか無理やり引っ張り出せた、、、」と続けており、幸い大事には至らなかったようだ。

   投稿には、引っ張り出したイカの刺身と思われる写真を添えている。写真を見る限りでは、刺身は小指ほどのサイズ。かなりの大きさの刺身をのどに詰まらせてしまったと思われる。

   和田さんの告白には、

「取れてよかったーあっこさんー!気をつけてくださいね!!」
「アッコさん食べ物は豪快に食べちゃダメですよ」
「誤嚥、きつかったでしょう...引っ張り出せて本当によかったです!私も高齢の母がいて、最近、誤嚥で大変だったので気を付けています。とにかくよかったです!」

といった安堵や心配の声が多数寄せられており、和田さん自身も今回の体験を踏まえて、

「皆んなも、自分だけじゃなく、皆さんのお父さん、お母さんにも注意してあげてね」

と呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中