台湾で大規模停電 閣僚は引責辞任

印刷

   台湾北部・桃園市の発電所が緊急停止し、その影響で2017年8月15日夕、台湾の広範囲で停電が発生した。人為的ミスが原因とみられる。

   復旧のため、同日夜にかけて台湾全島の約1300万戸のうちおよそ半数の約668万戸で計画停電が実施された。信号機が止まって各地で交通渋滞が起きたほか、エレベーターへの閉じ込めも多発した。これを受け、李世光・経済部長(日本でいう経済産業相)が同日夜に引責辞任した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中