JR新宿駅で「煙」 工事現場の重機横転

印刷

   2017年8月28日午後、JR新宿駅構内で煙が立ち込める事態が発生し、現場は一時騒然となった。

   駅の改良工事中に重機が横転し、漏れたエンジンオイルがエンジンに接触して煙が発生したとみられる。この影響で山手線と中央総武線が一時運転を見合わせた。新宿駅では、東西の往来が可能な自由通路の整備などの工事が進められている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中