2019年 11月 21日 (木)

フジ「とくダネ!」が「事実確認せず放送」を謝罪 京都府議員を「ストーカー登録」扱い

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   フジテレビ系情報番組「とくダネ!」が2017年8月28日、京都府議会の荒巻隆三議員が妻に怪我を負わせたとし告訴された問題で、荒巻議員が警察に「ストーカー登録されている」などと報じたことについて、29日の番組内で「事実の確認が取れないまま報道した」として謝罪した。

   「とくダネ!」の取材に応じた荒巻議員側の弁護士は、J-CASTニュースの取材に対して、「事実関係を丁寧に説明したにもかかわらず、ありもしない内容になるのは信じられない」と憤っている。

  • ただの夫婦喧嘩だった? (写真はイメージ)
    ただの夫婦喧嘩だった? (写真はイメージ)

番組内で「いずれも事実が確認されていない報道でした」

   「とくダネ!」の笠井信輔アナウンサーは29日の番組内で、

「京都府議会議員の荒巻隆三氏に関しまして、書類送検された、ストーカー登録されたと放送しましたが、いずれも事実が確認されていない報道でした」

と謝罪した。

   どんな番組内容だったかといえば、荒巻議員が5月、京都市内の駐車場で妻(31)の手を引っ張るなどして転倒させ、けがを負わせたため妻が告訴した、というもの。既に書類送検されていて、起訴か不起訴かは今後判断が下される、とした。荒巻議員サイドの主張は、妻には暴行を加えておらず、こちらに向かってくる妻が駐車場で勝手に転んだのは見た、と紹介した。そして、荒巻議員は議員としての信頼が厚く、精力的に活動しているものとは「別の顏」がある、とし、妻にDVを振るうのは日常茶飯事で、妻は警察に何度も相談したことで「ストーカー登録された」と説明した。荒巻議員サイドはDVどころか妻には手を上げたことは一度もない、と主張していることを紹介した。

   どうして「とくダネ!」は謝罪しなければならないことになったのか。J-CASTニュースが8月29日に荒巻議員サイドの小野誠之弁護士に取材したところ、ことの発端は8月23日の地元紙、京都新聞の報道だったという。荒巻議員を妻が告訴をしたというもので、

「京都府警下京署が23日にも、傷害の疑いで、荒巻隆三・京都府議(44)を書類送検する方針を固めた」

と書いた。そのため、小野弁護士の元に取材が殺到した。小野弁護士は「書類送検はない」と説明し、ここに至る経緯を説明したところ「これはニュースにならない」と大方の記者が判断したという。結果的に小野弁護士の見立て通りになったそうだ。ではどんな「事件」だったのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中