子供銀行券で「5万円」支払い男逮捕 受取女性が最初気付かなかったワケ

印刷

   おもちゃ売り場などで売られている実際の紙幣によく似た「子供銀行券」。それを拡大カラーコピーし、女性(22)に「お金」だとして渡した無職の男(36)が逮捕された。

   容疑は通貨及証券模造取締法違反。おもちゃのお札を使って買い物をしたため詐欺容疑で逮捕される例は複数あったが、今回は拡大コピーし本物のお札のように見せたことが「模造」の罪に問われた。

  • 「子供銀行券」
    「子供銀行券」

封筒に入れられていたため気付かなかった

   J-CASTニュースが2017年8月31日に愛知県警に取材したところ、男は5月初旬に名古屋市内のコンビニで「子供銀行券」の1万円札(縦5センチ、横10センチ)を購入し、実物大におもちゃの札の表面を拡大カラーコピーしたことが分かり、8月30日に逮捕した。

「実際の紙幣と紛らわしいものを作ることは通貨及証券模造取締法に違反します」

ということだった。どんな法律かというと、同法第1条に、

「貨幣、政府発行紙幣、銀行紙幣、兌換銀行券、国債証券及地方債証券ニ紛ハシキ外観ヲ有スルモノヲ製造シ又ハ販売スルコトヲ得ス」

と書かれている。ではどうして男の犯罪が発覚したのか。朝日新聞(17年8月31日)などによれば、男は名古屋市内のホテル内で援助交際をし、女性にその対価として5枚を渡した。封筒に入れていたため女性はすぐに気づかなかったが、本物のお札ではないことが分かり警察に相談したことがきっかけだった。この「子供銀行券」は実際のお札より小さく表面はお札そっくりなのだが、裏にはお札の印刷が無い。透かしの部分には「子供銀行券」という文字が書かれている。

   この「子供銀行券」を使った犯罪の報道は過去に複数ある。

「百万円札詐欺」というのも起きている

   一つは16年10月に福島県いわき市内の運送会社営業所で、高級腕時計「ロレックス」(販売価格1270万円)を代金引換で受けとる際に犯人は、厚さ約10センチの紙袋を手渡した。紙袋にはおもちゃの紙幣約1000枚が入っていた。営業所の防犯カメラの映像などから犯人が特定された。

   また「百万円札詐欺」というのもいくつか報道されていて、14年7月には大阪府で「百万円」と書かれたおもちゃの紙幣を1万円札と誤認させて買い物をする事件が起きた。駄菓子屋で缶ジュース2本とバナナを購入し、「百万円」札を渡して釣り銭約9600円を詐取した、というもの。いずれも容疑は詐欺罪。今回名古屋市で起きた「子供銀行券」事件は、おもちゃのお札を拡大カラーコピーしたことで通貨及証券模造取締法違反に該当している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中