マツコ&有吉「スポーツをエロい目で見る」 「それも観戦のひとつ」と全肯定

印刷

   近年、女子ゴルフ界では「セクシー・クイーン」と称される韓国のアン・シネ選手をはじめ、女子選手のセクシーなゴルフウェアに注目が集まることが度々あるが、それを良く思わない層がいるのも事実だ。

   しかし、純粋にスポーツ観戦を楽しむのではなく、選手のユニフォーム姿などの外見に注目するのも「スポーツ観戦のひとつ」だとする意見に共感の声が集まっている。

  • マツコ・デラックスさん(左)と有吉弘行さん(右)
    マツコ・デラックスさん(左)と有吉弘行さん(右)

ユニフォームの布地面積に「ショック」

   2017年8月30日放送のトークバラエティ番組「かりそめ天国」(テレビ朝日系)では、「うちの旦那は神聖なスポーツをちょっとエロい目で見てるんです」という視聴者からの便りを紹介し、出演するタレントのマツコ・デラックスさん(44)とお笑い芸人の有吉弘行さん(43)に意見を求めた。有吉さんは「俺は完全にそうやって見るけどな」と即答し、マツコさんはその対象が自身にとっては男性であることを確認した上で「完全にエロい目で見てますよ」と明かした。

   番組によると、既婚女性の24.6%は、男性が女子ゴルフをエロい目で見ていると思っているという。しかしマツコさんと有吉さんは、それも「スポーツ観戦のひとつ」だとして支持する姿勢を見せた。彼女たちがパーティーでどんなにセクシーなドレスを着ようが、ゴルフウェアのほうがセクシーさを感じるという。

   そんなマツコさんは「水泳が最近、布地が多い」と嘆く。かつてはビキニタイプが主流だった時代もあるが、今では膝丈のズボンタイプの着用者が目立つ。とりわけ、2008年北京五輪に登場した競泳水着「レーザーレーサー」にはショックを受けたという。レスリングについても布地の増加を指摘していた。

   有吉さんは、そうした動きに逆行しているのが陸上だとし、「俺らにとっては最高」だと喜んだ。たしかに今月上旬に行われた「世界陸上」では、お腹が出る短いトップスにブルマの女子選手もみられた。

「スポーツウェアだからこその...」と共感

   2人の持論に対し、ツイッターでは「スポーツをエロい目で見んの?」と納得しない様子の人も見られたが、

「女子ゴルファーは確かに胸とか脚とか目行っちゃうから仕方ない」
「わしも全然アリだと思う!どのスポーツにも男女関係なくエロさはあるからね!?」
「もうマツコと有吉の言ってることがめっちゃ分かる!スポーツウェアだからこそのエロさってあるもんだよ」
「俺今うなずきまくってヘッドバンキングみたいになってる」

など多くの共感を呼んだ。

   番組では男性がエロさを感じるスポーツのアンケート結果として、テニス、ビーチバレー、シンクロナイズドスイミング、フィギュアスケートを挙げていたが、

「エロさを感じるスポーツてバレーと陸上だろ」
「エロさを感じるスポーツになぜ女子プロレスが入らない?」
「エロさを感じるスポーツはカーリング」

と自身のお気に入りスポーツを発表するツイートもみられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中