HIKAKINが花火大会、「大人も笑顔にしやがって」 一方、あのYouTuberは...

印刷

   YouTubeがらみの「炎上」騒ぎが絶えない中、炎ならぬでっかい花火を打ち上げたYouTuberがいる。日本で最もチャンネル登録者の多いYouTuber・HIKAKIN(ヒカキン)さんだ。

「ずっと花火大会行ってないから......自分で花火大会やっちゃいまーす!」
  • 花火大会で大はしゃぎするHIKAKINさんたち(動画より)
    花火大会で大はしゃぎするHIKAKINさんたち(動画より)
  • 「HIKAKIN YouTube」の仕掛け花火も(動画より)
    「HIKAKIN YouTube」の仕掛け花火も(動画より)
  • 大輪の花火が空に上がった(動画より)
    大輪の花火が空に上がった(動画より)

地元「来年もやってくれよー!」

   2017年8月31日にYouTubeに投稿された動画「【500発】自分で花火大会開催したらヤバすぎた!」は、HIKAKINさんのそんな宣言とともにスタートする。

   動画は同じくYouTuberで兄のSEIKIN(セイキン)さん、幼稚園時代からの幼なじみだというマスオさんの3人が、夏も終わるというのに花火に縁がなかった鬱憤を晴らすべく、プロの業者に頼んで花火を打ち上げる、という内容だ。テロップによれば、きちんと国や県に使用許可を取り、地元の市役所や消防、警察にも協力を仰いだというから、かなり本格的である。動画中では明言していないものの、複数の目撃ツイートから、茨城県内のグラウンドで撮影したものとみられる。

   さて当日、浴衣姿のHIKAKINさんがスタートを宣言するや、色鮮やかな花火が一斉に夜空に輝く。夜空を埋め尽くすばかりに光る大玉小玉、「HIKAKIN YouTube」の文字を描きだす仕掛け花火も。まさに一個人がやるものとは思えない、大規模な「花火大会」だ。

   3人はもちろん大喜びだが、上がる歓声はそれだけではない。

「本当は、3人のこじんまりとした花火大会だと思ってたんですけど......なんかね、地元の人が気づいて、めちゃくちゃ人が集まってきてて」

と語るとおり、周囲には野次馬が集まっていたのだ。映像が暗いのではっきりとは分からないが、警備員が出動するなど、かなりの人数らしい。「来年もやってくれよー!」「ありがとー!」と、口々に感謝の声が上がる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中