「音痴すぎ?」国民的美少女に熱視線 「応援したくなる」エール続々

印刷

   数々のスターを輩出してきた「国民的美少女コンテスト」で、15代目のグランプリに輝いた京都府出身の中学2年生・井本彩花さん(13)。8万人を超える応募者の頂点に立った彼女の「歌声」が、インターネット上で思わぬ注目を集めている。

   コンテスト本選で行われた歌唱審査で、音楽ユニット「ZARD」のヒット曲「負けないで」を熱唱した井本さん。その模様がテレビ番組などで紹介されると、ネット上に「美しい...けど歌がちょっと」などと微妙な反応が相次いで寄せられたのだ。

  • 「国民的美少女」の井本彩花さんに熱視線(画像は所属事務所提供)
    「国民的美少女」の井本彩花さんに熱視線(画像は所属事務所提供)

TOKIO山口も「ヤバい」

   井本さんは2017年8月8日に行われた「第15回全日本国民的美少女コンテスト」で、応募総数8万150通の中からグランプリに輝いた。

   コンテストを主催したのは芸能事務所のオスカープロダクション。グランプリを受賞した井本さんはすでに同社に所属しており、受賞の特典として映画出演や歌手デビューの権利も獲得している。

   このように、美少女コンテストを通じて一躍「スター候補生」となった井本さんだが、ネット上では、その「歌声」に妙な注目が集まっている。

   井本さんのグランプリ獲得を伝えるニュース番組などで、コンテストの歌唱審査でマイクを握る彼女の姿が何度も取り上げられたことで、ツイッターやネット掲示板に、

「びっくりするくらい歌下手だ」
「ここまでの音痴って最近珍しい」
「これはインパクトある」

といった驚きの声が続々と寄せられたのだ。実際、8月31日昼時点でツイッターの検索欄に「井本彩花」と入力すると、関連ワードのトップとして「音痴」と表示されるほどだ。

   さらに、コンテストの模様を伝えた8月9日放送の「ZIP!」(日テレ系)では、番組MCでアイドルグループ「TOKIO」の山口達也さんが、井本さんの歌声について「ヤバい」と漏らす場面も。その上で、

「でも、初めから歌える人なんていないんだから。5年後また、同じ曲を聞いてみたいな」

とフォローの言葉を送っていた。

「もう歌いたくないです」

   ただ、井本さん本人も歌が苦手なことは自覚しているようで、コンテスト出場前の8月2日に更新したブログで、

「歌は、大の苦手で下手な私です(中略)ファイナリストになるまで、ほとんどカラオケに行った事もないし、人の前で歌う事もありませんでした」

と明かしている。

   さらに8月31日放送の「グッド!モーニング」(テレ朝系)に出演し、コンテストを振り返った際にも、「歌は音痴で音程とかも全然取れなくて、(歌唱審査を)どうしようって思った」とポツリ。その上で、

「2、3週間カラオケとかで(1日あたり)3時間くらい練習してました。(本番は)自分らしさを持てばいいやと思って、ありのままに歌いました。でも、もう歌いたくないです。音痴だから(笑)」

とも話していた。

   ちなみに、8月28日発売(首都圏など)の「週刊ポスト」のインタビュー記事では、歌唱審査で「負けないで」を選曲した理由について、「本選での緊張感と自分の弱さに負けないように選んだ」とも説明していた。

   このように、自ら「苦手」だと公言している歌に懸命に取り組む井本さんの姿に好感を覚えたネットユーザーも多いようで、ツイッターやネット掲示板には、

「井本彩花ちゃん、音痴具合が最高にかわいい」
「『歌は苦手』っていうコメント聞いてたら応援したくなる」
「そりゃドえらい音痴だったんだけど、自分の欠点をさらけ出すところが逆に度胸あるし好感もてる」

といった応援コメントも数多く出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中