松森町議、「暴言」豊田議員秘書を辞職 理由に「過熱報道」を挙げる

印刷

   青森県板柳町の松森俊逸町議(61)は2017年9月4日、元秘書への暴言・暴行疑惑が問題となった豊田真由子衆院議員(42)の政策秘書を辞職したことを明かした。

   松森氏は報道陣の取材に対して、辞職の理由を「マスメディアのあまりにも執拗な取材で秘書業務ができなくなった」とコメント。「(豊田議員は)支援するに足る人材だと僕自身は確信していますから、何とか支えたかったという思いです。非常に残念です」と未練をのぞかせた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中