2018年 11月 16日 (金)

睡眠のプロが「眠りにいい宿」を認定 熟睡できるかは「おもてなし」の基本

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

    健康増進や街の活性化の啓発活動を支援している一般社団法人「まちかど健康づくりネットワーク」(森本滋久代表理事)は2017年9月4日、睡眠に適した客室を持つ宿泊施設を「眠りにいい宿」として認定する事業を始めると発表した。

   同ネットワークの発表資料によると、睡眠の大切さが高まる中、たとえ一泊の宿泊であっても熟睡できる環境にあるか否かは、宿泊施設のおもてなしの重要な要素で、利用者の満足度に大いに影響を与える。「眠りにいい宿」の認定を通じて睡眠環境の重要性を訴えていきたいという。

   審査評価項目の監修は、睡眠評価研究機構代表の白川修一郎氏が行ない、「睡眠改善インストラクター」の有資格者たちが評価する。また、「眠り」関連の異業種企業の集まりである「快眠コンソーシアム」が宿泊施設の選定などに協力する。認定された宿泊施設は、健康生活雑誌「月刊からだにいいこと」(祥伝社)の誌面や、同ネットワークのウェブサイトで随時発表していく。

  • 「眠りにいい宿」のロゴマーク(まちかど健康づくりネットワークの発表資料より)
    「眠りにいい宿」のロゴマーク(まちかど健康づくりネットワークの発表資料より)
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中