2019年 1月 21日 (月)

睡眠のプロが「眠りにいい宿」を認定 熟睡できるかは「おもてなし」の基本

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

    健康増進や街の活性化の啓発活動を支援している一般社団法人「まちかど健康づくりネットワーク」(森本滋久代表理事)は2017年9月4日、睡眠に適した客室を持つ宿泊施設を「眠りにいい宿」として認定する事業を始めると発表した。

   同ネットワークの発表資料によると、睡眠の大切さが高まる中、たとえ一泊の宿泊であっても熟睡できる環境にあるか否かは、宿泊施設のおもてなしの重要な要素で、利用者の満足度に大いに影響を与える。「眠りにいい宿」の認定を通じて睡眠環境の重要性を訴えていきたいという。

   審査評価項目の監修は、睡眠評価研究機構代表の白川修一郎氏が行ない、「睡眠改善インストラクター」の有資格者たちが評価する。また、「眠り」関連の異業種企業の集まりである「快眠コンソーシアム」が宿泊施設の選定などに協力する。認定された宿泊施設は、健康生活雑誌「月刊からだにいいこと」(祥伝社)の誌面や、同ネットワークのウェブサイトで随時発表していく。

  • 「眠りにいい宿」のロゴマーク(まちかど健康づくりネットワークの発表資料より)
    「眠りにいい宿」のロゴマーク(まちかど健康づくりネットワークの発表資料より)
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中