2019年 12月 15日 (日)

ローチケ「キャンセル騒動」まさかの結末  告発ツイート「事実ではなかった」と発表

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

投稿者が「事実ではなかった」と認めた

   いったい、どういうことなのか。ローソンHMVの広報担当者は6日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「投稿者の方と電話で連絡を取ることができ、状況を確認しました。その通話の中で、投稿者の方が『ツイートの内容はすべて事実ではなかった』と認めました」

と説明した。

   今回の件について、ローチケ側は虚偽の内容を発信したことについて投稿者を「注意」したというが、法的な対応を取る予定については「現状では考えていない」とした。

   一方、問題のツイートを投稿したユーザーは6日昼、

「お騒がせしている件についてこの度、先方様とお話し合いの末、見解の相違がありました。先方様とは無事すべてのお話はついております。お騒がせして申し訳ございませんでした」

と投稿。問題となった投稿を含め、以前のツイートをすべて削除している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中