日韓首脳会談で、対北朝鮮制裁への連携を確認

印刷

   安倍晋三首相は2017年9月7日朝、ロシアのウラジオストクで韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と約50分間、会談した。複数のメディアが報じた。

   報道によると、両首脳は核実験を強行した北朝鮮に対し、国連安全保障理事会で制裁強化の決議を採択するため、緊密に連携する方針を確認し、中国とロシアにも協力を求める考えで一致した。安倍首相は会談の冒頭、「北朝鮮による相次ぐ挑発行動はこれまでにない深刻かつ重大な脅威だ」と述べ、文大統領氏も「両国間の緊密な連携がより切実になった」と答えたという。

   両日韓首脳の会談は7月にドイツ・ハンブルクで行われて以来、2度目。

   安倍首相はロシア政府主催の第3回東方経済フォーラムに参加するため、安倍首相はウラジオストクを訪問中。9月7日18時夕現在、ロシア同国のプーチン大統領との会談に臨んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中