2018年 11月 16日 (金)

デーブ、週刊誌動画頼りのテレビにチクリ 「今は忖度だらけ、人様からいただいてる」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   テレビプロデューサーのデーブ・スペクターさんが2017年9月10日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)の中で、最近のテレビ局の「借り物」増加に釘を刺す一幕があった。

   この日の放送では、7日発売の「週刊文春」がスクープした、民進党・山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑が取り上げられた。

  • デーブさんがテレビにチクリ
    デーブさんがテレビにチクリ

「感じちゃう」ギャグを挟みつつも...

   今回の山尾氏の騒動では、各局とも「週刊文春デジタル」がネット上で公開した取材動画を、文春からの提供を受けてオンエアしている。サンジャポも例外ではなく、山尾氏、また不倫相手とされる弁護士・倉持麟太郎氏への直撃シーンなどを使用していた。

   デーブさんは、「明日がないのにトゥモロー(※編注:かつて主演したミュージカル「アニー」の曲)歌ってる場合じゃない」「幹事長より感じちゃう」といったお得意のダジャレを披露するなど、サンジャポファミリーのやんやのやりとりに加わっていたが、ふと真面目な表情になり、こう発言した。

「文春、新潮の映像取材、本当に大したものだと思うんですよ。だけど昔、テレビやってましたよ、こういうの。今は忖度だらけになってるからやらないで、人様からいただいてるってことは、ちょっと考えてもいいと思うんですよね」

「このハゲー!」も「オフホワイト」も借り物

   週刊文春、またライバルの週刊新潮が、ネットでの動画公開に力を入れていることもあり、山尾氏の件に限らず、ワイドショーや報道番組でも、これら両誌から借用した映像が大きく扱われることが増えている。豊田真由子衆院議員の「このハゲー!」罵倒音声(新潮)や、不倫疑惑が報じられたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんへの直撃取材(文春)などがその好例だ。週刊誌ではないが、タレントの松居一代さんが自らYouTubeに投稿していた動画も、一時はワイドショーの主役を務めた。

   取材、撮影が本職のはずのテレビが、さまざまな「大人の事情」に縛られて独自取材がしづらくなり、「借り物」ばかりになっているのではないか――そう指摘したかったらしいデーブさんだが、共演者たちの反応は微妙だった。元フジテレビアナウンサーの近藤サトさんの返しも、「最近は映像も使えますからね、インターネット配信が......」とピントのずれたもので、そのまま番組は次の話題へと移っていった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中