おかずクラブ・ゆいP、「世界の中心」で元彼への未練を絶叫 「恋愛ドラマよりぐぐぐっ‥」

印刷

   お笑いコンビ「おかずクラブ」のゆいPさん(31)が、世界の中心で、元彼への未練を叫んだ。

   女性を中心に、多くの共感を呼んでいる。

  • ゆいPさん(2015年9月撮影)
    ゆいPさん(2015年9月撮影)

「別れたあとの方が好きだ~!」

   ゆいPさんは、2017年9月10日放送のバラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に出演。人気企画「温泉同好会」で、お笑いコンビ「たんぽぽ」の川村エミコさん(37)、「フォーリンラブ」のバービーさん(33)、「おかずクラブ」のオカリナさん(32)とともにオーストラリアでのロケに臨んだ。

   映画・ドラマ「世界の中心で、愛を叫ぶ」のロケ地にもなった渓谷「キングスキャニオン」を訪れた4人は、作品にちなんでそれぞれの思いを叫ぶことに。悩みや願いが打ち明けられるなか、ゆいPさんは映画の主題歌である平井堅さんの「瞳をとじて」をバックに、

「今でも大好きだ~!別れたあとの方が好きだ~!」

と、元彼への未練を絶叫した。

   今年3月、ゆいPさんはバラエティ番組の企画で、長身のイケメン会社員に告白。見事交際へと発展したが、7月に出演したバラエティ番組で破局を明かした。交際期間5か月の間、手すら繋いでいないというプラトニックな恋愛だった。

   一緒に撮った写真や動画、連絡先が消せないままだというゆいPさんに対し、オカリナさんは「消そう」と提案。ゆいPさんが見守るなか、1番楽しかったというピクニックの写真が消去された。

   「でも次に行けるじゃん」「これで新しい恋を探せる」という励ましに対し、ゆいPさんは目に涙をにじませる。泣いていないと必死に否定するが、「今でも大好きなんだよ!」と打ち明けると、一筋の涙がこぼれた。破局後全然泣けなかったそうで、「やっと泣けた」と吐露した。

   「辛かったね」と慰めながらももらい泣きをしていた川村さん同様、感情移入する視聴者が多く、

「ゆいPの気持ち、すんごく分かる」
「切ないよぉ」
「そこらの恋愛ドラマよりぐぐぐっときました」
「ゆいPのとこで不覚にも泣いてしまった」

など共感を呼んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中