2018年 7月 19日 (木)

日馬富士「待った」騒動、親方らは冷淡だが...「何かすっきりせんなあ」の声

印刷

   横綱・日馬富士の「待った」は通らなかった。立ち合いの瞬間、関脇・琴奨菊の肩をポンポンと叩いてやり直しを主張したが、立ち合いは成立したと判断され、日馬富士は無抵抗で寄り切られた。

   「何が起きたのか一瞬分からなかった」。阿武松(おうのまつ)親方(元関脇・益荒雄)はNHK中継の解説でそうこぼした。

  • 日馬富士(日本相撲協会公式サイトより)
    日馬富士(日本相撲協会公式サイトより)

ぶつかり合った瞬間、琴奨菊の肩をタップ

   2017年9月12日の大相撲秋場所3日目、結びの一番の日馬富士対琴奨菊戦は、制限時間いっぱいで立ち合いを迎えた。ぶつかり合った瞬間、日馬富士はすぐに上体を起こし、琴奨菊の右肩をタップする「待った」の合図を送った。しかし行司は待ったを取らずに立ち合い成立とした。日馬富士は無抵抗で寄り切られた。審判団から物言いもつかなかった。

   日馬富士は敗れてからも行司のほうを向いて右手をあげ、待ったを主張していたが、取り合われなかった。釈然としない表情で立ちつくしてから、土俵外へ出ていった。

「待ったなら待ったで、手をついてしまっているから、『待った』と大きい声で叫ばないといけない。立っているから(立ち合いは)成立。仕方ない」

   この日NHK解説をつとめた貴乃花親方(元横綱)はそう述べ、立ち合い成立に疑問を挟まなかった。向こう正面で解説した阿武松氏も、多少混乱したようだが同意見だった。

「向こう正面から見ていて、何が起きたのか一瞬分からなかった。横綱は待ったと言うが、手をついているから(待ったは)成立しない」

   日刊スポーツやスポーツニッポンの報道によると、山科審判長(元小結・大錦)は取り組み後、「(日馬富士は)自分から突っかけてるからね。言葉は悪いけど、中に入られたから『待った』と言ったんでしょ」と厳しく「ダメ出し」した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中