曽我ひとみさん、北朝鮮から帰国15年を前に会見

印刷

   北朝鮮の拉致被害者のひとり、曽我ひとみさんが2017年9月13日、新潟県佐渡市で会見を開いた。来月で帰国から15年となる。

   曽我さんは1978年8月、母のミヨシさんとともに北朝鮮に拉致された。2002年9月17日の日朝首脳会談で北朝鮮が日本人の拉致を認め、10月15日に曽我さんら5人の被害者が帰国した。曽我さんはそれ以降の帰国者がいないことについて、「ひとりもまだ帰国を果たせていないということがとても切ないというか、一番辛い」と胸の内を語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中