2018年 10月 16日 (火)

曽我ひとみさん、北朝鮮から帰国15年を前に会見

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   北朝鮮の拉致被害者のひとり、曽我ひとみさんが2017年9月13日、新潟県佐渡市で会見を開いた。来月で帰国から15年となる。

   曽我さんは1978年8月、母のミヨシさんとともに北朝鮮に拉致された。2002年9月17日の日朝首脳会談で北朝鮮が日本人の拉致を認め、10月15日に曽我さんら5人の被害者が帰国した。曽我さんはそれ以降の帰国者がいないことについて、「ひとりもまだ帰国を果たせていないということがとても切ないというか、一番辛い」と胸の内を語った。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...