シャープ「8K液晶テレビ」の勝算 「家庭用でそこまで高精細は必要?」の声も

印刷

   シャープは2017年8月31日、高精細の8Kに対応した液晶テレビを世界で初めて発売すると発表した。今年は「有機ELテレビ元年」と言われるが、技術的に他メーカーに先行する8K液晶パネルで勝負する。液晶テレビを含めた8K製品はシャープの成長戦略の中核。消費者に受け入れられるのか、注目される。

   「AQUOS(アクオス)」シリーズの最上位モデルと位置づける新製品は、現行のデジタル放送(地上・BS・110度CS)の規格であるフルハイビジョンが(2K)の16倍、現在の最先端である4Kの4倍という高解像度が特徴。現行放送や4K映像については、8Kの高解像度にアップコンバートして表示できる。2018年12月に開始予定の8K実用放送を視聴するには、別に販売されるチューナーとの接続が必要だ。

  • 8K液晶テレビは消費者に受け入れられるのか(画像はイメージ)
    8K液晶テレビは消費者に受け入れられるのか(画像はイメージ)

有機ELの現状との関係

   サイズは70インチ。当初は月産200台で、12月1日に発売する。価格は税別で100万円前後と、同じサイズの4K液晶と比べ2倍近い設定だ。

   海外販売にも力を入れる。中国で10月に先行販売するほか、2018年2月から台湾、3月に欧州で「8K映像モニター」を売り出す。8Kエコシステム戦略推進室の西山博一室長は記者会見で「米国での8K展開も考えている」と述べた。

   シャープは他社に先駆けて、8Kの研究開発に取り組んできた。日本では2015年10月に8K液晶パネルを採用した「85型8K映像モニター」を皮切りに、16年には8K放送の受信が可能なチューナーを開発、17年6月には70型の8K映像モニターを発売した。今回はいよいよチューナーを内蔵したテレビという形で世に送り出す。20年には60型以上のテレビの半数を8Kにしたい考えだ。

   シャープが8K液晶テレビに力を入れるのは、独自開発する有機ELパネルが実用段階にはないことの裏返しでもある。有機ELは韓国勢が圧倒的にリードしている。今年はソニー、パナソニック、東芝など国内メーカーが相次いで大型有機ELテレビを発売したが、パネルはすべて韓国LG電子製。シャープもLGからパネルを調達して自社ブランドで売ることは理屈上可能だが、そうすればこれまでの研究開発が無駄になってしまいかねない。

医療やサイネージなどの分野への普及を期待

   スマートフォンに使われる小型パネルも、有機EL搭載が増えてきた。ここでも韓国勢が進んでおり、シャープはまだ開発段階だ。米アップルは2017年9月12日に発表したアイフォーンの高級モデルで、韓国サムスン電子製の有機ELパネルを採用した。シャープは競争のスタート地点にも立っていない。

   有機ELで勝負できない以上、これまでの延長線上にある液晶で戦うしかない。幸い8Kは技術的に液晶との相性がよい。有機ELでは4Kの製品はあっても、8Kはまだない。

   今後は放送・映像分野にとどまらず、医療やオフィス、セキュリティー、サイネージなど様々な分野で、8K製品は普及するとシャープは考えている。例えば、テレビモニターを活用した遠隔診療などが真っ先に挙げられる候補だ。

   ただ、業務用ならいざ知らず、「家庭用テレビでそこまでの高精細は必要か」という疑問も少なからずあるのは確か。一般消費者が新製品をどう受け止めるのか。今後のシャープの命運を左右することになりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中