2018年 12月 13日 (木)

「ロコモ」予防に3世代でエクササイズ 立命館大と順天堂大が3分間動画を公開

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   立命館大学と順天堂大学は、親、子、孫の3世代で楽しみながらエクササイズできる体操「ACTIVE(アクティブ)5」を開発、2017年9月上旬インターネット上に公開した。「ACTIVE5」(http://www.activeforall.jp/topics/244/)。

   加齢や運動不足のために骨・関節・筋肉が衰えて歩行困難になり、要介護一歩手前の状態になる「ロコモティブシンドローム」(ロコモ=運動器症候群)の予防を目指す。

  • 「ACTIVE5」の「3世代シンクロ」版(両大学の発表資料より)
    「ACTIVE5」の「3世代シンクロ」版(両大学の発表資料より)

ロコモ予備軍は4700万人、予防は子ども時代から

   両大学の発表資料によると、「ACTIVE5」は「キッズ」「一般」「シニア」、そして全世代が一緒に行なう「3世代シンクロ」の4バージョンがある。ロコモ予備軍は全国に約4700万人いるといわれ、ロコモ予防には子ども・成人時代から運動習慣をつけることが大切だ。特に近年、小学生は運動をよくする子どもと全くしない子どもに二分される傾向が強い。「ACTIVE5」は、音楽に合わせながら「スクワット」(太もも強化)、「上半身トレーニング」(胸と腕の筋肉強化)、「体幹バランス」(バランス感覚強化)、「ヒールレイズ(ふくらはぎ強化)、「しこふみ」(股関節と下半身強化)の5つの動作を約3分間で行う。

   基本動作は同じだが、世代に合わせた運動が工夫されている。キッズは遊びながらできるようカニやヘビ、相撲取りをイメージした振り付け。一般は、体のこりをほぐしたり、姿勢を正したりする動きを取り入れ、運動レベルもハード。シニアは、深呼吸を多く加えて疲れすぎないよう配慮。また3世代が一緒に行なうと、要所、要所で振りが一致し、ダンスのような達成感が得られる。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中