2018年 7月 22日 (日)

オリラジ中田伝授「失敗しない葬儀」 「生前に準備」が肝心、そのやり方は

印刷

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)2017年9月17日放送

   誰にでも等しく「死」は訪れる。近年は自分の死後に家族に手間をかけないため「終活」に励む人も出てきた。とは言え、年齢が若いと「まだ考えるのは早い」と思うだろう。

   お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦さん(34)は番組で、終活をテーマに講義を行った。その中から「葬儀」に注目した。自分が亡くなった家族の葬式を準備する立場になったら、実は大切な人の死を悼み悲しむ時間もなく、予期せぬ方向に行ってしまいがちなのだ。

  • オリラジ・中田さんが「終活」の講義(2016年12月撮影)
    オリラジ・中田さんが「終活」の講義(2016年12月撮影)

病院で亡くなってから葬儀業者手配まで2時間

   あまり考えたくないが、想像してほしい。もし親が「自分の葬儀は、とりあえず質素にしてくれ」と言い残して亡くなったら――。残された家族は当然、その思いにこたえようと努力するだろう。ところが、実現するのは実に難しい。

   病院に入院していた親が亡くなった。あなたは悲しさのあまり、しばらくは何も考えられず涙にくれるに違いない。ところが中田さん曰く、死亡から葬儀業者を決めるまでの時間は、医療機関にもよるがわずか2時間しかない。多くの場合はこの短い時間で手配しなければならないだろう。身内を失ったばかりで、ただでさえ精神的に参っている時に、「近くにある安い業者、しかも、きちっとしたところ...」と探しても、そう簡単には見つかるまい。

   そんな時にタイミングよくやってくるのが、病院と提携している葬儀社だ。もちろん良心的な業者もあるだろう。だが自力で探したわけではないので、提示されるプランが果たして適正価格なのかは、何とも言えない。

「ケチっているのか」と誤解の種に

   番組が紹介した「葬儀の平均費用」は、119万円。決して安い金額ではない。故人は「質素な葬儀を」と望み、遺族はその通りにしようと「安い葬式プランで」と業者に発注しようとする。ところがもし周りに、故人の遺志を知らない親戚が大勢いたらどうだろうか。「家族は葬式費用をケチっているのか」と疑わないとも限らない。

   高額の葬儀代を、亡くなった本人の預貯金から賄おうとするが、銀行口座はすでに「凍結」されている場合が多い。死後は「遺産」となり、勝手に扱われないようにするためだ。そこで遺族は大金を建て替える必要がある。さらに葬儀の日はすぐにやってくる。限られた時間で参列者を募らねばならないが、急な話なので相手も都合があり、なかなか人数を確定できない。

   ドタバタのなか、何とか葬儀を終えたところに、業者からの請求書が回ってくる。見ると、最初の見積もりをはるかに上回る金額が書き込まれていた。初めに見たのは「基本プラン」。そこから人数によって食事代や酒代、香典返し、生花代が加算されたのだ。「質素」どころか、金額面では超豪華になってしまった。しかも支払いは亡くなった本人ではなく、遺族が背負うことになる。

   自分が亡くなった後、家族に葬式で迷惑をかけたくない。そう思ったら単に「葬儀は簡単でいい」と言い残すだけでは不足だ。生前に自ら積極的にプランを組んでおくべきだと中田さんは強調する。そこで自身が、葬式プランを立ててみたと披露した。

   中田さんは、予算はあらかじめ200万円と決めた。この範囲内で「来てくれた人が主役になるような葬儀がいい」と希望したところ、業者から「リビング葬」を提案されたという。リビングルームのような落ち着いた場所で開く式だ。参列者の人数は50人とした。

「自分の葬式の準備をしておくことは遺族を傷つけないための義務」

   中田さんは最後に、こう訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中