2018年 9月 26日 (水)

「東京=物価高い」はもう過去? 「世界最安の旅行先」と英国で評判のワケ

印刷

   「世界的にも物価が高い」と言われ続けてきた東京のイメージを覆しそうな調査結果が英国で出た。遠出した旅行先で買うものの値段を世界30都市で調べたところ、東京が最も安く、最も値段が高かったブラジルのリオデジャネイロの3分の1以下だった、というのだ。

   店舗間の競争が激化した上に、円安が進んだことが原因のようだが、とりわけ英メディアでは「外食の安さ」について驚きをもって報じられている。

  • 東京の外食代の安さが驚きをもって受け止められている
    東京の外食代の安さが驚きをもって受け止められている

ビールやコーラの値段を足して比較する

   調査は、英国の郵便局が通貨両替サービスのPRの一環として毎年発表している「長距離休暇レポート」の17年版で、17年9月中旬に発表された。世界30都市でコーヒー、現地のビール、コカ・コーラ、グラスワイン、カクテル、チョコレートバー、ミネラルウォーター、日焼け止め、虫よけ、ボトルのハウスワインつきのコース料理2人分、の10点について値段を調べ、合計額を比較した。

   今回の調査が10回目で、東京が「最安」になるのは初めて。東京の合計金額は48.9ポンド(約5500円)で、2位のケープタウン(南アフリカ共和国)の64.5ポンドを大幅に下回った。3位以下のベスト10は、モンバサ(ケニア、68.56ポンド)、コロンボ(スリランカ、75.83ポンド)、ホイアン(ベトナム、76.74ポンド)、バリ(インドネシア、76.95ポンド)、タマリンド(コスタリカ、79.94ポンド)、オーランド(米国、80.60ポンド)、ペナン(マレーシア、81.77ポンド)、プンタ・カナ(ドミニカ共和国、85.34ポンド)だった。30都市のうち高かったのはリオデジャネイロ(ブラジル、160.00ポンド)、ジュメイラ・ビーチ(ドバイ、157.75ポンド)、チャイナタウン(シンガポール、152.34ポンド)の順だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中