サッカー公式戦に小型犬が乱入! 華麗なドリブル披露→試合後になぜか「インタビュー」

印刷

   アルゼンチンのサッカー1部リーグで、試合中のピッチに小型犬が乱入し、選手からボールを奪って華麗なドリブルさばきを披露する珍事があった。さらには、試合後の地元メディアのインタビューにも、この犬が選手を差し置いて出演したのだ。

   まるでマンガのような一連の出来事に、インターネット上では「今まで見た乱入で1番可愛かった」「ドリブルがうますぎる」といった驚きの声が広がっている。

  • 犬がピッチに乱入…!(画像はTyC Sports公式ツイッターの投稿動画より)
    犬がピッチに乱入…!(画像はTyC Sports公式ツイッターの投稿動画より)
  • インタビューに応じる乱入犬(画像は@PasoaPasoのツイートより)
    インタビューに応じる乱入犬(画像は@PasoaPasoのツイートより)

インタビューの様子は...

   アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで2017年9月16日(現地時間)に行われたサン・ロレンソ対アルセナル・デ・サランディの一戦。白熱した試合中のピッチに、突如茶色い小型犬が乱入した。

   現地のスポーツメディア「TyC Sports」が公式ツイッターで一部始終を動画で公開しており、それによると乱入騒動は次のような顛末だった。

   まず、小型犬はサン・ロレンソがコーナーキック(CK)を得た直後にピッチへ乱入。ゴール付近に転がっていたボールを奪うと、前足と頭を器用に使って華麗なドリブルを披露し始めた。

   ドリブルは10秒以上続いたが、駆け寄った選手にボールを奪われ一度は中断。しかし、CKのためにボールが一度ピッチの外に放られると、犬はその方向に向かって一直線。キッカーよりも先にボールを奪い、再びドリブルを始めたのだ。

   その後も、キッカーはCKを蹴ろうとするも、ボールに夢中な犬がそれを妨害する。結果として、会場のスタッフが2つ目のボールを用意し、犬の注意を引かせることでピッチの外へと連れ出していた。

   さらに、試合の終了後には先ほどの「TyC Sports」が、乱入した犬への「インタビュー」を敢行。犬は「ワン」と数度吠えた後、記者が差し出したマイクに勢い良く噛みついていた。

ESPN「スター選手のようだった」

   このように、試合に乱入した犬がメディアのインタビューを受けるという展開に、海外のインターネット上では、

「史上最高にかわいい」
「プレミアリーグの多くのスター選手よりボールコントロールが上手い」
「これまで見てきた中で最高の選手」

といったコメントが出ている(原文は英語、編集部訳)。日本のユーザーの間でも、「今まで見た乱入で1番可愛かった」「ボールに対する貪欲さは見習うべき」などと反響を広げている。

   この珍事は、米スポーツ専門局「ESPN」(ウェブ版)が「(インタビューの様子は)スター選手のようだった」と伝えたり、英国の日刊紙「METRO」(ウェブ版)が「印象的なドリブルの技を見せた」と報じるなど、多くの海外メディアに取り上げられている。

   なお、騒動の一部始終を伝えた現地「TyC Sports」の関連ツイッターアカウントは18日、ピッチに乱入した犬の写真を公開。この投稿には現地のファンから、

「ヒーローになった犬だ!」
「こんなに小さいのにテクニックは凄まじい」

といった声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中