2019年 1月 19日 (土)

スマホカメラで心臓の健康状態がわかる 米大学開発、首に当てるとアプリが表示

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   病院に行って検査をしなくても、スマートフォンカメラを首に当てるだけで心臓の健康状態がわかるアプリを米カリフォルニア大学などのチームが開発に成功、救急医学専門誌「Critical Care Medicine」(電子版)の2017年7月号に発表した。

   結果が出るまで数分ですみ、検査に数十分かかる病院の心臓MRIや超音波装置とほぼ同程度の精度だという。

  • スマホカメラで心臓の健康がわかる
    スマホカメラで心臓の健康がわかる

心臓病の検査の世界に革命を起こすアプリ

   同誌の論文要旨によると、開発したのは同大学航空宇宙工学部や医学部、カリフォルニア工科大学、カリフォルニア州心臓血管研究所など、施設と分野を超えた合同研究チームだ。アプリの仕組みはこうだ。首の根元を指でさわるとわかるが、血液が頸動脈を流れると、ドクドクと皮膚の表面が脈動する。その皮膚の動きから心臓の拍動ごとに送り出される血液の量を測定し、心臓の健康状態を推定する。

   研究チームは、スマホカメラを頸動脈の上の皮膚に当て、皮膚の変動から動脈の波形の画像を作り、心臓の左心室が血液を押し出す力を数学的に分析するアプリを作った。そして、20~92歳の心臓病患者72人を対象とした臨床試験を行ない、超音波装置を使う心エコー検査と、心臓MRI(磁気共鳴画像)検査による心臓の健康状態の判定結果と比較した。

   すると、スマホカメラの判定結果は、超音波検査に比べると誤差の範囲は±20.0%、MRIでは±19.1%だった。これは、スマホカメラが両方の検査法と同程度に正確であることを示しているという。しかも、スマホカメラが検査に要した時間は数秒~2分だが、超音波検査は平均45分もかかった。

   今回の結果について、研究リーダーのモルテザ・ガリブ・カリフォルニア大学教授は、論文要旨の中でこうコメントしている。

「このアプリを使う方法は、患者のベッドサイドで簡単に検査できるため、心臓病のスクリーニング(迅速に結果を得る検査)やモニタリング(病状の監視)の世界に革命を起こす可能性があります。また、なかなか病院施設に行くことができない発展途上国の人々や、救急医療の現場でも大いに役立つと考えられます」
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中