2018年 11月 18日 (日)

赤ちゃんパンダ名、「ピンクピン太郎」落選 「心の底から残念」「激推ししてた...」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京・上野動物園で2017年6月に生まれたメスのジャイアントパンダの名前が「香香(シャンシャン)」に決まった。9月25日、小池百合子都知事が会見で発表した。

   早速「かわいい」などと好評を博しているが、「ピンクピン太郎」という名前を推していた人たちからはがっかりする声が聞かれる。

  • 100日齢を迎えた赤ちゃんパンダの名前が「香香」に決まった(画像は上野動物園ジャイアントパンダ情報サイトより)
    100日齢を迎えた赤ちゃんパンダの名前が「香香」に決まった(画像は上野動物園ジャイアントパンダ情報サイトより)

黒柳徹子「私は、とっても、気に入りました」

   名前は動物園に設置された応募箱やインターネット、郵送などにより公募され、過去最多となる32万2581件の応募があった。8月末に黒柳徹子さんら選考委員会によって候補が8点に絞られ、中国側とも調整のうえ命名された。香香は8案の中で応募件数が最も多く、選考委員会でも評価が高かったという。

   小池知事は香香という名前について、

「とても呼びやすいかと思います。香りがするような可愛らしい名前になったかと思います。漢字の『香』という字を書くわけですけれども、お花が開くような明るいイメージではないかなと思います」

とコメントした。

   一般公開の時期については未定だが、生後6か月となる12月頃にお母さんパンダの真真(シンシン)とともに親子そろってお披露目できればとした。

   黒柳さんは発表を受けて自身のインスタグラムを更新し、

「『シャンシャン』という音の響きは、今までのパンダの赤ちゃんの名前にはない、新鮮な感じがします。小さな子どもでも、覚えられるし、漢字(香香)にしても可愛いと思います。私は、とっても、気に入りました」

と綴った。

街頭インタビューで、幼い女の子が発案

   そんななかツイッター上では、ある名前を推していた人たちからは落胆の声があがっている。

「激推ししてたピンクピン太郎落選...」
「やっぱりピンクピン太郎じゃなかったか~」
「ピンクピン太郎じゃなかったんだね......心の底から残念だ」

   「ピンクピン太郎」とは、香香が誕生した翌日にNHKが行った街頭インタビューで、幼い女の子が発案した名前。そのインパクトからすぐさま話題となり、多くの支持者を得た。安住紳一郎アナウンサーや有吉弘行さん、ピエール瀧さんもそれぞれラジオでピンクピン太郎について言及し、この名前をいたく気に入っている様子だった。

   今回名前が発表されたことで、ピンクピン太郎の支持者からは残念がるツイートが投稿され、「私の中ではピンクピン太郎」と今後も変わらずに呼び続けるとの声もあがった。こうしたつぶやきが相次いだことから、Yahoo!リアルタイム検索では25日昼頃、「香香」の名前とともに「ピンクピン太郎」の名前がランクインした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中