北朝鮮外相の「宣戦布告」発言、米報道官「馬鹿げている」

印刷

   国連総会出席のためにニューヨークを訪れていた北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は2017年9月25日(現地時間)、トランプ米大統領の「北朝鮮はそう長くは続かないだろう」という発言は宣戦布告だとし、米軍が北朝鮮近くの国際空域に戦略爆撃機を飛ばしたことについては、北朝鮮には米軍の爆撃機を領空外でも撃ち落とす権利があると主張した。

   この発言を受け、ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は同日の記者会見で、「私たちは北朝鮮に対して宣戦布告などしていない。率直に言って、この提言は馬鹿げている」と反論した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中