安倍首相出演のNEWS23で「モリカケ!」 キャスターのイヤホンから漏れ生放送はバトルに

印刷

   「......モリカケ!」――生放送のマイクに、小さいながらも確かにそう聞こえる音声が乗った。星浩キャスターは少し慌てたように、外して肩に垂らしていたイヤホンを付け直す。安倍晋三首相は一向構わない様子で、持論を展開し続ける。

   2017年9月25日、衆院解散を発表した夜、安倍首相は「ニュースウォッチ9」(NHK)、「報道ステーション」(テレビ朝日系)、「NEWS23」(TBS系)に立て続けに出演した。上記の一場面は、その最後「NEWS23」でのものだ。

  • 会見で衆院解散を表明、記者の質問に答える安倍首相(25日、J-CASTニュース撮影)
    会見で衆院解散を表明、記者の質問に答える安倍首相(25日、J-CASTニュース撮影)

報ステは比較的「平和」だったが

   今回の解散総選挙を「国難突破解散」と位置付ける安倍首相だが、野党などからは批判が続いている。特に、28日召集の臨時国会冒頭での解散には、森友学園問題・加計学園問題(いわゆる「もりかけ」)をめぐる追及からの「逃げ」ではないか、という声が根強い。

   25日夜出演の番組でも、やはりこれらの問題、そして小池百合子都知事が立ち上げた「希望の党」への対応が焦点となり、キャスターからの質問が集中した。ニュースウォッチ9・報道ステーションは比較的スムーズにやり取りが進み、小池新党についての話題では首相が笑みすら浮かべるなど余裕含みだったのに対し、NEWS23は、熱弁をふるおうとする首相と、星浩氏らキャスター陣が「かち合う」展開となった。

   たとえば序盤、「冒頭解散」の是非を問われた首相が1分近くかけて反論、さらに「今回はですね、まさに消費税の使い道において2兆円、これは毎年毎年......」と消費税問題に話を広げようとしたところ、「ちょっとお待ちください、のちほどお伺いいたします」と雨宮塔子キャスターがこれを制して、「個人的に気になっているのは......」と、野党が「弱ってる」タイミングを狙っての解散ではないか、と話題を転換する。首相はしかし、「先ほども申しましたように、野党というのは選挙がなければ政権は取れないわけでありますから......」と、さえぎられる直前の話題を繰り返した上で、再び消費税の話を始めようとする。

イヤホンからスタッフの声が...?

   その直後、マイクに乗ったのが、冒頭の「モリカケ」という音声だ。映像を確認すると、星氏が冒頭から、右耳のイヤホンを外し、肩に引っ掛けるように垂らしていることがわかる。件の音声はこのイヤホンから漏れ、星氏のピンマイクに拾われたものとみられる。

   この音声を受けてか、再び星氏は、「あとで、お時間あるので」と消費税から話を変えようとするが、首相は「ついでに言わせてください」とストップを無視して、さらに話を続ける。結局はひと段落したところで、映像が入り次の話題に移ったが、そのテーマはやはり「森友・加計」だった。なおこうした「音漏れ」は少なくとも番組内で3回確認され、いずれも直後にキャスターらが次の話題に移ろうとしている。はっきり聞き取れるのは「モリカケ」だけだが、いずれも進行をめぐる指示の可能性が高そうだ。

   その後も、森友問題について一通り話し終え、「それとですね、加計問題について申し上げます」と安倍首相が話題を切り替えようとすると、今度は逆にキャスター側が話を続行する。安倍首相が「(森友問題は)司法の場において明らかになっていくことだろうと思いますし、また......」と言いかけると、駒田健吾アナウンサーが割って入り、昭恵夫人が自ら会見するべきでは、と問う。といった具合に、お互いがお互いの発言を食い合う流れがたびたび見られた。

   一方、安倍首相の側も、国会で加計問題をめぐる野党やメディアの論調などを批判した加戸守行・前愛媛県知事らの名前を挙げ、「どうかそういうところも(テレビ局は)紹介していただきたい」「(加戸氏の証言も)誠意をもって報道していただきたい」と反撃している。

百田尚樹氏がネット番組で揶揄

   この日のNEWS23には、上記の「モリカケ」音声も含め、大きな反響があった。民進党の小西洋之参院議員はツイッターで、

「NEWS23の安倍総理を見ていると、聞かれたことには一切答えず、支離滅裂に関係ない民主党批判などを繰り返している」

と、激越な言葉で安倍首相を非難、総選挙不出馬を表明している上西小百合衆院議員も、「TBS『NEWS23』が安倍総理に対して、かなりスリリングな質問をした。その姿勢に全く問題はないし、圧倒的に正しい」と好意的にキャスター陣を論評した。

   一方、作家の百田尚樹氏は26日のネット番組「虎ノ門ニュース」でこの件を紹介し、「キャスターはディレクターの操り人形」などと揶揄した。ただし、百田氏は番組そのものを観たわけでない旨を発言、ネットで拡散された動画で閲覧したとみられ、音声の内容も「そんなこといいから森友のこと聞け」と誇張されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中