2018年 12月 14日 (金)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

「無所属」出馬の前原氏、迷走発言で側近がとばっちり 「最低のトップで部下が不幸」同情殺到

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   民進党の前原誠司代表が2017年9月28日夜の報道番組で、解散にともなう次期衆院選には「無所属で出る」と明言した。

   前原氏の側近である同党の泉健太氏は、「前原氏の無所属立候補」報道が出た27日夜、これを「完全な誤報」とツイッターに投稿していた。それが前原氏自身の発言によって覆った形となり、28日深夜「本日段階で誤報ではなくなりました」として謝罪した。すると、泉氏のもとに集まったのは批判と同時に「同情」の声だった。

  • 民進党の前原誠司代表
    民進党の前原誠司代表

「本日段階で誤報ではなくなりました」

   民進党は28日午後、党から候補者を擁立せず、希望者は小池百合子・東京都知事が代表の「希望の党」に公認申請すると決定。一方、前原氏自身は希望の党から出るか、無所属で出るかを「まだ決めていない」と述べていた。

   しかし、同日夜の「NEWS23」(TBS系)にスタジオ生出演した前原氏は、

「先ほどは、希望の党の公認か無所属かを『まだ決めていない』と言ったが、私は無所属で出ると決めた。無所属で出る」

と自らの口で明言した。

   前原氏がどこから出るか、については前日の27日夕以降、「無所属で」との報道が複数社から出た。これに対して、泉健太氏は「『前原代表、無所属で出馬』は完全な誤報です」と同日夜にツイート。「今、前原代表本人に確認しました」と確かな情報であることを強調していた。

   それが上記「NEWS23」で覆ったため、泉氏は28日深夜にツイッターを更新。「今夜のニュース23で前原代表が無所属出馬と発言いたしました。前夜は、代表のその時点での発言を投稿いたしましたが、結果としては『完全誤報』と表現した内容が、本日段階で誤報ではなくなりました」とした上で、

「分かりにくい投稿となりましたことをお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」

と謝罪した。

「きちんと説明してください」「なんだかお気の毒です」

   泉氏のツイートには「分かりにくいではなく、事実と違う、間違った投稿ですよね。欺瞞的な書き方だと思います」「どういうことかきちんと説明してください」「政治家の発言はそんなに軽いものなのだろうか? 単に混乱を招いただけ」など批判的なリプライが多く届いた。一方で、同時に多数集まったのは同情だった。

「なんだかお気の毒です」
「経緯が事実ならちょっと同情しちゃうよ...」
「本当に確認したのなら、泉さんに同情します」
「泉さんは前原に騙されたってことですね。はぁ。前原ってのは」

   前原氏が「まだ決めていない」と発言してから「無所属で出る」と決断するまでは、わずか数時間。また、泉氏は民進党で前原グループに所属する、前原氏の「側近」。選挙地盤も同じ京都に持つ。こうした背景も相まってか、

「最低のトップで部下が不幸」
「上が悪いと下は苦労する」
「上司も上司なら、部下も部下だ」

と、前原氏へのバッシングとあわせる向きも少なくなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中