NHK公表「31歳記者は過労死」  時間外労働159時間

印刷

   NHK首都圏放送センターの佐戸未和記者(当時31歳)が2013年7月、東京都内の自宅でうっ血性心不全で亡くなり、14年5月に渋谷労働基準監督署から長時間労働による過労死と認定されていた。NHKが17年10月4日に発表した。亡くなる前の1か月の時間外労働時間は約159時間と認定されていた。

   NHKは発表資料のなかで、「このことをきっかけに記者の勤務制度を見直すなど働き方改革に取り組んでおり、職員の健康確保の徹底をさらに進めていきます」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中