音喜多氏がぶちまけた小池知事批判 「忖度政治を批判していた我々が忖度だらけ」

印刷

   東京都議の音喜多駿、上田令子両氏が2017年10月5日、会見を開き、地域政党「都民ファーストの会」に離党届を提出したと発表した。

   「ブラックボックス」「忖度」「白紙委任」――。両氏はこうした言葉を使いながら、都民ファ執行部の運営方法や、元代表で現特別顧問の小池百合子都知事に対する疑念を次々に明かした。小池氏が結党した「希望の党」に対しても、都民ファと「似ている」部分があるとの見解を示した。

  • 都民ファーストの会への離党届提出を発表した音喜多駿都議
    都民ファーストの会への離党届提出を発表した音喜多駿都議
  • 音喜多駿都議と上田令子都議の新たな会派名は「かがやけTokyo」。理念は「真の都民ファーストの実現」
    音喜多駿都議と上田令子都議の新たな会派名は「かがやけTokyo」。理念は「真の都民ファーストの実現」

「前代表に知事の影響がなかったとは考えづらい」

   離党の意思を固めた要因の1つは、党幹部による不透明な意思決定プロセス。音喜多氏は「我々が批判してきたブラックボックスを自分たち自身が作り出している」と批判した。

「最近の議員総会では私が異議を唱えると、ある役員に呼び出され、『全員の前であのような発言は慎むように。裏で言え』と言われた。残念ながら今の都民ファーストの会は組織改革に後ろ向きだと判断せざるを得ない」

   また、音喜多氏は「多くの都議は、都議ではない人の気持ちを忖度せざるを得ないシーンがあったと率直に感じる。(野田数)前代表の場合が多かったと思う」とし、「前代表に知事の影響がなかったとは考えづらい」と小池氏の影響について言及した。

「小池知事がどこまで会派運営に口を出しているかはわからない。だが、特別秘書である前代表が、知事の意向を忖度して会派運営していたのではないか。忖度に次ぐ忖度の政治を批判していた我々が、権力者の意思を忖度しているのではないか。そういう場面は多々あった」

   具体的にあげたのは荒木千陽代表の就任。荒木氏は9月、小池氏含む幹部3人によって選ばれ、全55人の所属都議には議員総会での「事後報告」だった。同月13日の就任会見で荒木氏らは「規約にのっとった選任だ」と発言。これに対し、音喜多氏は次のように推測している。

「規約づくりには私も携わった。私は自民・公明・共産党や海外の政党の規約まで勉強し、100条以上からなる案を作成した。だが、前代表が『この規約では意思決定がすぐできない』と、現行の30条程度のコンパクトな規約に決まった。前代表は、知事がすぐに決められるようにという意思を持っていたと思う」

「都知事選のときとはまったく違う、非常に残念なやり方」

   2人は16年の都知事選以来、小池氏を支持してきた。上田氏は「小池知事に直接連絡をとれていたのが、徐々に『前代表を通すように』となった」と明かし、「小池知事の前にフィルターを通すようになった。そこに忖度があったのではないか」と推測した。

   音喜多氏は、希望の党にも疑問を述べる。「詳細な公約も発表されないうちから、右から左まで、思想・政策・理念も異なる政治家が200人近く集まっている。これは選挙目当ての野合としか思えない」と批判。代表の小池氏には、「今は国政に手をかける時期ではない」とした上で、

「手のかけ方も、我々が東京大改革で掲げたような『しがらみがない』ということでなく、いろんな組織の支援を受け、いろんな人々を集め、とにかく政権を取りに行く。こういうやり方は、都知事選のときとはまったく違う、非常に残念なやり方だと思う」

と不信感を募らせている。

   さらに、現在の都民ファとの類似点として、希望の党が民進党からの合流候補者に提出を求めた「政策協定書」と絡めた。

「我々も基本方針や誓約書などにサインさせられた。党の方針に従うようになどと書いてあるが、では党の方針や規約は何かというと、ない、見せられない、でもサインしなさいという。希望の党の報道などをみていると、党の公約に逆らわない、遵守するようにとされている一方、その公約がない。しかし今サインしないと公認は出さないとしている。これは『白紙委任状』を出すことになる。こういう点は都民ファーストの会と似ていると思う」

   また、音喜多氏自身も「都民ファーストの会に残れば『姉妹政党』として無条件に希望の党を応援することになる。私の政治家としての許容範囲を超えている」としている。

   小池氏に対し「政治家として傑出している能力がある。決断力や、人を巻き込む能力は真似できない」としつつ、「1つのことに突き進むあまり、足元の組織の改革が不十分だった。信頼できる都議に任せられなかったのか」と残念がった。

   上田氏も「私は保育園・待機児童対策がきっかけで議員になった。小池知事は(待機児童対策に)予算をつけ、都有財産の土地も提供した。制度を変えていったのは非常に評価している」とし、一方で「できれば都民ファーストの会内部の改革にも、目を通してもらいたかった」と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中