線路侵入男が「優雅に歩いてる」 中央線1.5万人に影響、目撃者「お散歩ヤメレ」

印刷

   2017年10月6日朝6時40分頃、JR国立駅の中央線ホーム付近の線路上に若い男性が侵入するトラブルがあった。中央線は上下線ともに約30分運転を見合わせ、ツイッターには影響を受けた通勤・通学客からの「悲鳴」が相次いだ。

   この立ち入り騒ぎをめぐって、ネット上で思わぬ注目を集めているのは、線路に侵入した男性が見せた「予想外の行動」だ。ツイッターに上がった報告によれば、男性はまるで「散歩」でもするかのような調子で、ゆっくりと線路脇を歩き続けていたというのだ。

  • 警察や駅職員らに保護される男性(画像奥)。画像はまっつー(@kunitachi0733)さん提供
    警察や駅職員らに保護される男性(画像奥)。画像はまっつー(@kunitachi0733)さん提供

25分にわたって線路上に

   JR東日本八王子支社の広報担当者は10月6日のJ-CASTニュースの取材に応じ、今回の線路立ち入りトラブルの一部始終について、次のように説明した。

   まず、侵入した男性は、JR国立駅から東京方面に400メートルほど進んだ線路を歩いている所を発見された。見つけたのは、国立駅に向かっていたJR中央線下り電車の運転士。すぐさま電車を緊急停止させ、駅職員と連絡を取って対応にあたった。

   しかし、男性は駅員らが対応の準備をしている間に、今度は立川方面に向かってゆっくりと進み始めた。線路を歩きながら国立駅を通過し、200メートルほど進んだところで駅員に保護されたという。保護した時間は7時5分頃。つまり、男性は発見から25分間にわたって線路上にいたことになる。

   この広報担当者によれば、男性を保護した駅員からは「20代くらいの、大学生風の男」との報告があった。身体からは酒のにおいがしたという。男性の身柄はすでに警察に引き渡しているという。

   なお、このトラブルで、中央線は上下線ともに約30分運行を見合わせた。後続する列車などにも最大で27分の遅れがあり、約1万5000人の乗客に影響が出たという。

「悠々とした歩きっぷり謎すぎる」「シュールすぎ」

   こうしたトラブルをめぐって、現場にいた乗客からは、線路に侵入した男が取った思わぬ行動に戸惑いを示す声が相次いだ。ツイッターに、

「窓の外見たら、線路内に入ってるやつが優雅に歩いてて笑えない」
「朝から線路でお散歩ヤメレ...もうなんなん」(原文ママ)
「平然と線路内歩いてる奴がいる」

との報告が同時多発的に寄せられたのだ。

   実際、ツイッター上には、どこか悠々とした雰囲気で線路の脇を歩く男の姿を撮影した写真が複数枚投稿されている。その画像を見ると、男性は長袖Tシャツに短パン姿。なぜか無表情で、手を大きく振りながら歩いている様子が分かる。

   こうした写真がネット上で「拡散」されたことに加え、首都圏の鉄道情報を伝える人気ツイッターアカウント「とれいんふぉ」(首都圏版)も、

「中央線快速電車は、西国分寺~国立で若い男性が線路内に立ち入り、立川駅方面へ散歩した影響で、上下線の一部列車で運転を見合わせていました」

と伝えた。こうした報告を受けて、ツイッターやネット掲示板には、

「痴漢冤罪か!と思っていたら、こんなことだったとは...まじで散歩じゃん」
「悠々とした歩きっぷり謎すぎる。(略)シュールすぎ」
「線路で優雅に散歩するんじゃないよ」

などと驚いたり面白がったりする反応が続出している。

   なお、朝日新聞(電子版)が6日10時30分過ぎに配信した記事によれば、男性は当時酒に酔っており、「自分で何をやっていたかわからない」などと警察に話したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中