2019年 10月 18日 (金)

不便すぎるカメラアプリ「Gudak」が人気 撮影してから「現像」まで3日!でも待つ楽しさが...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   スマートフォンの普及もあって、今や誰でも、気軽に写真が撮れるようになった。フィルムカメラのように残り枚数を気にする必要もないし、その場で確認していくらでも撮り直しもできる。

   そんな中で注目を集めているのが、韓国のIT企業が開発した「Gudak Cam」というカメラアプリだ。写真の「現像」に3日かかるなど、不便なスペックを搭載しているにも関わらず、ネット上では人気を集めている。

  • Gudak Cam(画像は同社の公式フェイスブックより)
    Gudak Cam(画像は同社の公式フェイスブックより)
  • Gudak Camで撮影した画像(画像はApp storeより)
    Gudak Camで撮影した画像(画像はApp storeより)

現像に3日かかり、フィルム1本につき24枚しか撮れない

   「Gudak Cam」は、2016年10月26日に設立されたIT企業Screw Bar(韓国・ソウル)が開発。公式サイトによると、17年7月7日にリリースした。

   リリース後、韓国のガールズグループである「BLACKPINK」が同アプリを利用した写真を撮るなどしており、日本では8月12日には韓国トレンド情報を配信するメディアである「BEBE」で取り上げられるなど話題となった。また、宣伝会議のポータルサイト「AdverTimes」でも9月29日に紹介されている。

   アプリを起動すると、スマートフォンの画面に米コダックのインスタントカメラを模したデザインのインスタントカメラが表示される。画面をタップして写真撮影を行うのだが、画面内に写る「ファインダー」はインスタントカメラさながらの小さなサイズになっていたり、右下には残り枚数が表示されていたりと、レイアウトに凝っている。写真の右下に日付を入れられるなどの機能もある。

   フィルム1本につき24枚の写真撮影が可能だが、24枚撮りきらないと現像はできず、現像にも撮影終了から3日かかる。当然、撮った写真をすぐに確認できる機能はついていない。

   1フィルム分24枚を撮り終わってから、さらに写真を撮りたい時も「フィルムの交換」が必要で、これには撮影終了から1時間を要する。撮り終わった写真は、24枚のフィルムごとにアプリ上で保存されるようになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中