神戸製鋼、アルミや銅の製品の一部で「強度偽装」

印刷

   神戸製鋼所は2017年10月8日、自動車や航空機などに使われているアルミや銅の製品の一部について、検査証明書のデータをの書き換え、顧客と取り交わした製品仕様に適合しているように見せかけて出荷していた不正が判明したと、2017年10月8日に発表した。

   データの改ざんは、2016年9月1日~17年8月31日までの出荷分で、アルミ製品(板、押出品)が約1万9300トン、銅製品(板条、管)が約2200トン、アルミ鋳鍛造品が1万9400個にあたる。 こうした事態から、同社は川崎博也会長兼社長を委員長とする品質問題調査委員会を設置するとともに、外部の弁護士ら第三者にも依頼して、事実関係の調査を進めている。

   同社は、「このような重大事案を生じさせたことは慙愧に堪えず、深く反省するとともに、お客様をはじめ、関係者の皆様に多大なご心配、ご迷惑をお掛けしますことを心よりお詫び申し上げます」とコメントを出したしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中