2019年 7月 17日 (水)

党首討論「モリ・カケ」で「場外戦」 朝日・毎日の追及を産経は「会場失笑」「仮定で反省要求」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

朝日新聞の報道姿勢を問題視

   さらに、記者からの質問の段になっても、モリ・カケ追求は続いた。

   毎日新聞の倉重篤郎・専門編集委員は

「最高権力者である総理大臣のお友達を優遇するとして(モリ・カケには)共通点があると思う」「優遇されたことについて安倍さんはこれまであんまり何もおっしゃっていない」

などと指摘。

   安倍氏は、まず「籠池(泰典・前森友学園理事長)氏は私の友人ではありません」と否定し、加計氏については「私が影響力を行使したことは全く証明されていない」。

   朝日新聞の坪井ゆづる論説委員も疑惑を糾弾。小池氏同様に、説明の不十分さを指摘した。安倍首相は、

「朝日新聞は、八田さんの報道をほとんどしておられない。しているというのは、ちょっとですよ。ちょっとですよ。ほんのちょっと。アリバイ作りにしかしておられない。加戸さんについては証言された次の日には全くしておられない。批判があったから投書欄等で載せておられる」

と、同紙の報道姿勢を問題視。坪井氏が事実でないと反論すると、安倍首相は「ここは大切なことですから、ぜひ皆さん、調べていただきたい」と呼びかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中