2018年 10月 15日 (月)

マツコ、「インスタ映え」にブチ切れ 「食べ物を粗末に」は「世間が制裁加えるべき」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「かわいいインスタやったってお前はブスなんだからな!」――タレントのマツコ・デラックスさん(44)が、昨今の「インスタ映え」ブームを痛烈に批判した。

   いったい、なぜこれほどまでに激しい言葉を使ったのか。

  • 怒りをぶちまけたマツコ・デラックスさん(2016年4月撮影)
    怒りをぶちまけたマツコ・デラックスさん(2016年4月撮影)

スイーツバイキングのマナー違反

   発端は、マツコさんがMCをつとめる「マツコの知らない世界」(TBS系)の2017年10月10日放送回だ。

   この番組は、ゲストが得意ジャンルや、現在ハマっているものをマツコさんにプレゼンしていくという内容。この日のテーマの1つは「スイーツバイキング」。ゲストは、スイーツバイキングに足繁く通うという桜井正人さんだった。

   マツコさんの「暴言」は、コーナーの終盤、桜井さんの問題提起がきっかけだった。

「ケーキを残す人たちのせいで(スイーツバイキングの)価格が上昇しているんです」

   桜井さんの言い分はこうだ。バイキングで皿に盛ったケーキをインスタグラム用に撮影し、ケーキは食べずに残す人が最近増えているという。これが理由で、バイキングの料金を改定せざるをえなくなった店もあるというのだ。

   マツコさんは、こうした実態に強い憤りを覚えたようで、

「そろそろ世間が制裁を加えるべき。このインスタ映えブームに」

と警鐘を鳴らす。

   さらにヒートアップし、

「食べ物を粗末にしたりとかやりだしたら、もうあいつら...ブスにブスって言ってやる時が来ましたよ。かわいいインスタやったってお前はブスなんだから!」
「地に足つけて生きろ、ブスこの野郎」

と語気を荒げて非難した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...