2019年 12月 14日 (土)

緑茶と紅茶はダイエットにも効く! マウス実験で「やせ菌」増加、代謝アップ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「朝茶は福が増す」という諺(ことわざ)があり、緑茶には多くの健康効果があることが昔から知られているが、毎日飲むとダイエットになるという嬉しい研究が発表された。

   米カルフォルニア大学の研究チームが、欧州栄養学会機関誌「European Journal of Nutrition」(電子版)の2017年9月30日号に発表した。マウスの実験だが、緑茶や紅茶のエキスを飲むとカラダの代謝がよくなり、腸内の「やせ菌」が増えるというのだ。

  • 緑茶や紅茶を毎日飲もう
    緑茶や紅茶を毎日飲もう

米カリフォルニア大がマウスの実験で立証

   カリフォルニア大学のプレスリリースによると、同大学ロサンゼルス校人間栄養研究所のチームは、緑茶と紅茶の成分がどのように腸内細菌を変化させ体重減少などの健康効果を与えるかを調べるため、マウスを次の4種類のエサを食べるグループに分け、4週間にわたって観察した。

(1)高脂肪・高糖類の肥満食。
(2)低脂肪・高糖類の普通食。
(3)高脂肪・高糖類の肥満食に緑茶の抽出物を混ぜる。
(4)高脂肪・高糖類の肥満食に紅茶の抽出物を混ぜる。

   すると4週間後、(3)と(4)の緑茶と紅茶の抽出物を混ぜたエサを食べたマウスは、肥満食を与えられたにもかかわらず、(2)のダイエット食を食べたマウスとほぼ同じ程度の体重に抑えられた。そして、緑茶と紅茶を食べたマウスの大腸と肝臓組織からサンプルを採取して調べたところ、次のことがわかった。

(1)大腸の腸内細菌では、「バクテロイデス属」の腸内細菌だけが増えていた。バクテロイデスは、俗に「やせ菌」と呼ばれる細菌で、人間の研究でもやせている人の腸内に多く生息する細菌として知られている。カラダの代謝を促進し、脂肪の燃焼を早める働きをするといわれる。

(2)肝臓のエネルギー代謝の指標となる細胞の脂肪沈着量を調べると、70~291%も代謝が増加していることがわかった。肝臓が代謝を活発化させ、脂肪をどんどん燃やしていたわけだ。

   これらの効果は、緑茶と紅茶のポリフェノール(植物由来の抗酸化成分)の働きによるものだという。研究の中心になった人間栄養研究所副所長のスザンヌ・ヘニンブ助教授は、プレスリリースの中でこう語っている。

「私たちの研究は、緑茶と紅茶のポリフェノールが、体重を減らすなどの健康効果を持つ成分を含んでいることを示しています。このポリフェノールは小腸で吸収されるには大きすぎて大腸まで届きます。そして、その成分が、良好な腸内細菌の成長を促し、腸内細菌全体を人間の健康に貢献する方向に変える力を持っていると考えられます」

   また、同研究所所長のザオピン・リー教授もこう語った。

「緑茶・紅茶愛好家にとっては、毎日飲み続ける新しい理由ができたわけですね」
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中