2018年 12月 13日 (木)

成宮寛貴、ひそかにインスタ再開 「ついに日本に帰ってきた」「吉野家で泣いてしまった」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   コカインなど違法薬物の使用疑惑を報じられ、2016年12月に芸能界を電撃引退した元俳優の成宮寛貴さん(35)が、インスタグラムの更新を再開していたと、17年10月17日発売の週刊誌「女性自身」(光文社)が報じた。

   薬物使用疑惑で表舞台から消えた成宮さんは、インスタで何を世間に向けて発信しているのか。J-CASTニュースが、報じられたアカウントを確認すると...。

  • 9月28日の投稿。「ついに日本に帰ってきた」と報告している(画像はインスタグラムより)
    9月28日の投稿。「ついに日本に帰ってきた」と報告している(画像はインスタグラムより)
  • 10月4日の投稿。タンクトップ姿の自撮り写真を披露
    10月4日の投稿。タンクトップ姿の自撮り写真を披露

生活拠点はスウェーデンに

   成宮さんの薬物使用疑惑は、写真週刊誌「FRIDAY」に報じられた。一方、当時の所属事務所は、尿鑑定の結果が「陰性」だったとして、記事を「事実無根」だと全否定する声明を発表。発行元の講談社に対し、法的措置を取る予定とも伝えていた。

   だが、FRIDAYと所属事務所の主張が対立する状況の中、成宮さんは12月9日に突如、芸能界からの引退を発表。このとき本人は、直筆のファクスで、

「不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです」
「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」

などと訴えていた。

   そんな成宮さんが、突然の引退から半年以上が経った17年8月以降、一般公開しているインスタのアカウントをひそかに更新し続けていたというのだ。

   女性自身の報道によれば、成宮さんは現在スウェーデンに生活の拠点を置いている。インスタは仲間内だけに公開しているものと、誰でも閲覧することができるアカウントの2つを運用しているという。

   女性自身の記事に掲載された情報を踏まえると、成宮さんが一般公開しているインスタは「Hiroshige_narimiya」というIDのアカウントだとみられる。なお、成宮さんの本名は平宮博重(ひろしげ)だ。

   このアカウントでの最初の投稿は、引退前の16年7月29日。成宮さんの「自撮り」写真が掲載されている。その後、このアカウントでは1年以上投稿が無かったが、芸能界引退後の17年8月になって再び更新が始まったのだ。

「落ち込んだときはジムに行く」

   17年8月の更新再開から10月17日までの投稿数は20件。再開当初は風景や食事の写真など、自らの存在を臭わせない投稿がほとんどだった。しかし、成宮さんは9月28日の投稿で、

「Finally I came back to Japan(編集部訳・ついに日本に帰ってきた)」

とのコメントを添え、空港のロビーで撮影した自撮りをアップ。メガネにマスク、帽子と顔は隠していたが、特徴的な首元のホクロがしっかりと写っていた。

   さらに翌29日の投稿では、「I cried in yoshinoya haha:) I really missed Japanese foods!!(吉野屋で泣いてしまった笑 本当に日本食が恋しかった)」として、吉野屋の牛丼の写真をアップ。お盆の上には、生卵が2つ置かれていた。

   その後、成宮さんは再び日本を離れたことをインスタで報告。この頃から顔がはっきりと分かる写真をアップするようになっており、10月2日の投稿では自宅で撮影したという自撮り写真を掲載。また、10月4日には、

「When I get feel bad go to the gym(落ち込んだときはジムに行く)」

とのコメント付きで、タンクトップ姿でジムにいる自らの写真を公開した。

   さらに10月9日には、外国人の友人3人と笑顔を浮かべる写真を掲載。成宮さんは片手にビールのコップを持っており、友人と共にリラックスしている様子がうかがえる。

   このように、成宮さんがインスタで明かしていた「近況」について、インスタのコメント欄やツイッターには、

「おかえりなさい 元気な姿を見られて安心しました!」
「元気な姿を見れて嬉しかったです」
「成宮くんの笑顔が見られて私も元気が出ました!」

などと好意的な声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中